LAK療法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫療法(NK-LAK療法)とは?--あいあいクリニックの免疫細胞療法 (特集 がんの免疫療法--免疫療法でがんはどこまで治るのか?)
  • 塚本 善峰
  • 統合医療でがんに克つ (35), 21-25, 2011-05
  • NAID 40018857158
  • 免疫細胞療法への応用に向けたConcanavalin Aおよび組換えヒトインターロイキン2を用いたイヌ末梢血リンパ球の新規培養法(免疫学)
  • 加藤 正浩,渡来 仁,西川 茂 [他],岩崎 忠,児玉 洋
  • The journal of veterinary medical science 69(5), 481-486, 2007-05-25
  • … イヌ末梢血リンパ球(cPBL)から活性化リンパ球療法(LAK療法)に必要な活性化リンパ球を得るための新規培養方法について検討した.cPBLをconcanavalin A(Con A)存在下で培養した結果,その増殖性が高まり,細胞上にインターロイキン2(IL-2)受容体の発現が誘導された.さらにcPBLをCon Aと組換えヒトインターロイキン2(rhIL-2)双方の存在下で培養した結果,Con Aによる増殖性がさらに加適された.フローサイトメトリー解析の結果,培養後のリ …
  • NAID 110006273246
  • 再生医療にも影響 瀬田クリニックVS日赤、論争の行方
  • 日経バイオビジネス (18), 110-113, 2002-11
  • … 同グループの病院では、主に末期がん患者を対象に活性化自己リンパ球療法(Lymphokine Activated Killer療法、以下LAK療法)が行われている。 …
  • NAID 40005601233

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事L」「」「療法」「LA」「LAK

L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


LA」

  [★]


LAK」

  [★]

lymphokine activated killer




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3