L-ドーパ

出典: meddic

L-dopa
LドーパLドパ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/21 22:15:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 不随意運動に対する脳深部刺激療法(<特集>最新のニューロモデュレーション)
  • 深谷 親,小林 一太,大島 秀規,山本 隆充,片山 容一
  • 脳神経外科ジャーナル 20(2), 80-86, 2011-02-20
  • … 症と難治性疼痛が主たる対象疾患である.特に不随意運動症では, パーキンソン病, ジストニア, 本態性振戦に対する効果は確立しているといえる.パーキンソン病では, 運動症状の日内変動が著しい症例や激しいL-ドーパ誘発性ジスキネジアがみられる症例に高い効果が期待できる.ジストニアでは一次性の全身性ジストニアが最もよい適応である.また, 本態性振戦にも古くから用いられ即効性のあることが知られている. …
  • NAID 110008441004
  • パーキンソン病診断のコツとPitfall 早期パーキンソン病患者の抗パーキンソン病薬(L-ドーパとドパミンアゴニスト)の反応
  • 山田 人志
  • Frontiers in Parkinson disease 4(1), 24-26, 2011-01
  • NAID 40018725710

関連リンク

L-ドーパ(L-3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン; 国際一般名 レボドーパ; 商標 シメネット, パーコーパ, アタメット, スタレボ、マドパー, プロローパ, 等) は、自然界に産生され、ある 種の食物や薬草、例えばMucuna pruriens別名ベルベット・ビーン(ハッショウマメ)に ...
パーキンソン病の治療は、L-DOPA製剤によるドパミン補充療法が中心ですが、L- DOPAを長期に大量投与すると、反対にドパミン受容体の働きが減弱してしまいます。 また、ドパミンの補充療法が神経の変性そのものを停める根本的な治療法ではない ので、 ...

関連画像

 成分のLドーパを多く含み Lドーパを補給することにドーパミンは、神経伝達物質と ドーパ l ドーパ は 腸 で 吸収 健康に良い理由Lドーパがドーパミンに変換


★リンクテーブル★
先読みL-dopa
国試過去問084A052
リンク元カテコールアミン」「レボドパ
拡張検索L-ドーパ負荷試験
関連記事L」「l

L-dopa」

  [★] Lージヒドロキシフェニルアラニン

Levodopa


WordNet   license wordnet

「the levorotatory form of dopa (trade names Bendopa and Brocadopa and Larodopa); as a drug it is used to treat Parkinson''s disease」
levodopa, Bendopa, Brocadopa, Larodopa


084A052」

  [★]

  • 乳汁漏出をきたすのは。3つ
[正答]

カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






レボドパ」

  [★]

levodopa
L-dopaL-DOPALDLドーパL-ドーパL-ドパドパドーパ3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン 3,4-dihydroxyphenylalanineジヒドロキシフェニルアラニン dihydroxyphenylalanine
ドパストンドパゾールドパール
[show details]



L-ドーパ負荷試験」

  [★]

L-DOPA stimulation test
[show details]

L-ドーパ負荷試験の結果の見方

QB-D253
  成長ホルモン GH プロラクチン PRL
先端巨大症 正常 PRL産生腫瘍 正常
グルコース負荷試験
L-ドーパ負荷試験


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」


l」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「liter[s]」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡