L-トレオニン

出典: meddic

L-スレオニン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 20aXA-5 L-トレオニンおよびL-メチオニンをドープしたTGS単結晶の作製と強誘電特性(誘電体,領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)
  • 中谷 訓幸,喜久田 寿郎,高木 厚,北山 貴章,山崎 登志成
  • 日本物理学会講演概要集 62(1-4), 964, 2007-02-28
  • NAID 110007192187
  • アキシアミノ酸及びそのN-メチル誘導体の合成〔第4報)-N-メチル-L-トレオニン及びN-メチルD-トレオニンの合成-

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにL-(-)-トレオニン(72-19-5)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にL-(-)-トレオニン ...
食品添加物について知りたい!そんな声に、らでぃっしゅぼーやがお答えします。 無添加食品の紹介や、食品添加物の ... 解説 トレオニンは、ゼラチンやフィブロインなどに含まれている成長に必要なアミノ酸であるが、人は体内で ...

関連画像

トレオニン(Threonine)の構造式met m l フェニルアラニン phe f l アミノ酸L-トレオニン側鎖の ヒドロキシ基 に 108411 L-トレオニン ★ 溶けやすい l トレオニン

添付文書

薬効分類名

  • アミノ酸・ビタミンB1加総合電解質液

販売名

アミグランド輸液 (500mL)

組成

  • 本剤は大室液と小室液の2液からなるアミノ酸・ビタミンB1加総合電解質液で,使用時は2液を混合し,1液として使用する.

大室液 (350mL中)


  • 有効成分
     ブドウ糖               37.499g
     塩化ナトリウム          0.399g
     L-乳酸ナトリウム液        0.740g
     (L-乳酸ナトリウムとして)     (0.370g)
     グルコン酸カルシウム水和物  0.560g
     硫酸マグネシウム水和物    0.312g
     硫酸亜鉛水和物         0.700mg
     チアミン塩化物塩酸塩      1.000mg
    pH調節剤
     氷酢酸               適量

小室液 (150mL中)


  • 有効成分
     L-ロイシン      2.100g
     L-イソロイシン    1.200g
     L-バリン       1.200g
     L-リシン塩酸塩   1.965g
     (L-リシンとして)   (1.573g)
     L-トレオニン     0.855g
     L-トリプトファン    0.300g
     L-メチオニン     0.585g
     L-フェニルアラニン 1.050g
     L-システイン     0.150g
     L-チロシン      0.075g
     L-アルギニン     1.575g
     L-ヒスチジン     0.750g
     L-アラニン      1.200g
     L-プロリン       0.750g
     L-セリン        0.450g
     グリシン        0.885g
     L-アスパラギン酸  0.150g
     L-グルタミン酸    0.150g
     リン酸二カリウム    0.870g
     L-乳酸ナトリウム液    1.550g
     (L-乳酸ナトリウムとして) (0.775g)
    安定剤
     亜硫酸水素ナトリウム 0.010g
    pH調節剤
     氷酢酸          適量
     水酸化ナトリウム    適量

混合後 (500mL中)



  •  ブドウ糖    37.499g (7.5w/v%)
    電解質
     Na+ ※     17.5mEq
     K+       10mEq
     Mg2+      2.5mEq
     Ca2+      2.5mEq
     Cl-       17.6mEq
     SO42-     2.5mEq
     Acetate- ※ 9.5mEq
     Gluconate-  2.5mEq
     L-Lactate-  10mEq
     P        5mmol
     Zn        2.4μmol
    ビタミン
     チアミン塩化物塩酸塩 1.000mg
    アミノ酸
     総遊離アミノ酸           15.00g (3w/v%)
     総窒素                2.35g
     分岐鎖アミノ酸(BCAA)含有率 30w/w%
     必須アミノ酸/非必須アミノ酸  1.44

    総熱量        210kcal
    非蛋白熱量     150kcal
    非蛋白熱量/窒素 64
    ※ 添加物に由来するものを含む.

禁忌

  • 肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれのある患者

[アミノ酸の代謝が十分に行われないため,症状が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 重篤な腎障害又は高窒素血症のある患者

[水分,電解質の過剰投与に陥りやすく,症状が悪化するおそれがある.アミノ酸の代謝産物である尿素等が滞留し,症状が悪化するおそれがある.]

  • アミノ酸代謝異常のある患者

[投与されたアミノ酸が代謝されず,アミノ酸インバランスが助長されるおそれがある.]

  • 高度のアシドーシス(乳酸血症)のある患者

[乳酸血症が悪化するおそれがある.]

  • 高カリウム血症,乏尿,アジソン病のある患者

[高カリウム血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高リン血症,副甲状腺機能低下症のある患者

[高リン血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高マグネシウム血症,甲状腺機能低下症のある患者

[高マグネシウム血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高カルシウム血症のある患者

[高カルシウム血症が悪化するおそれがある.]

  • うっ血性心不全のある患者

[循環血液量が増すことから心臓に負担をかけ,症状が悪化するおそれがある.]

  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者

[水,電解質及び窒素代謝物が蓄積するおそれがある.]

  • ビタミンB1に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記状態時のアミノ酸,電解質,ビタミンB1及び水分の補給

 ・経口摂取不十分で,軽度の低蛋白血症又は軽度の低栄養状態にある場合
 ・手術前後

  • 用時に隔壁を開通して大室液と小室液をよく混合する.

通常,成人には1回500mLを末梢静脈内に点滴静注する.
投与速度は通常,成人500mL当たり120分を基準とし,高齢者,重篤な患者には更に緩徐に注入する.
なお,年齢,症状,体重により適宜増減するが,最大投与量は1日2500mLまでとする.

慎重投与

  • 肝障害のある患者

[肝障害及び水・電解質代謝異常が悪化するおそれがある.]

  • 腎障害のある患者

[水分・電解質の調節機能が低下しているため.]

  • アシドーシスのある患者

[アシドーシスに伴う症状が悪化するおそれがある.]

  • 糖尿病の患者

[高血糖が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 心臓,循環器系に機能障害のある患者

[循環血液量が増すことから心臓に負担をかけ,症状が悪化するおそれがある.]

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • チアミン塩化物塩酸塩注射液にてショック等があらわれることが報告されているので,観察を十分に行い,血圧低下,胸内苦悶,呼吸困難等の異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 正常ビーグル犬を用いて絶食下にて100mL/kg/dayの投与速度で8日間の持続投与試験を行った.

その結果,優れた栄養補給効果及び血中ビタミンB1濃度の維持効果が認められた. ■


★リンクテーブル★
リンク元スレオニン」「ESポリタミン配合」「バリアミンX」「バリアミンX輸液」「ESポリタミン
関連記事L」「l」「トレオ

スレオニン」

  [★]

threonine Thr T
2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸 2-amino-3-hydroxybutyric acidL-トレオニン L-threonine
アミノ酸


  • 極性。無電荷
  • ヒドロキシル基を有する。
  • セリンの側鎖で-CH2OHのうち、炭素に結合している-Hを-CH3に置き換えた形をしている。(-CH(CH3)-OH)
-CH(CH3)-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH(CH3)-O-H2PO3



ESポリタミン配合」

  [★] L-アルギニン塩酸塩(L-アルギニン)、L-イソロイシンL-トリプトファンL-トレオニンL-バリン、L-ヒスチジン塩酸塩水和物(L-ヒスチジン)、L-フェニルアラニンL-メチオニン、L-リシン塩酸塩(L-リシン)、L-ロイシングリシン

バリアミンX」

  [★] L-イソロイシンL-ロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニンL-フェニルアラニンL-トレオニンL-トリプトファンL-バリン、L-アルギニン塩酸塩、L-塩酸ヒスチジン、グリシンキシリトール

たん白アミノ酸製剤


バリアミンX輸液」

  [★] L-イソロイシンL-ロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニンL-フェニルアラニンL-トレオニンL-トリプトファンL-バリン、L-アルギニン塩酸塩、L-塩酸ヒスチジン、グリシンキシリトール

たん白アミノ酸製剤

ESポリタミン」

  [★]

ES-polytamin

L-アルギニン塩酸塩、L-イソロイシンL-トリプトファンL-トレオニンL-バリン、L-ヒスチジン塩酸塩水和物、L-フェニルアラニンL-メチオニン、L-リシン塩酸塩、L-ロイシングリシン


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」

l」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「liter[s]」

トレオ」

  [★]

threo
スレオ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡