H-2抗原

出典: meddic

H-2 antigen

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 同系腫瘍に対する細胞障害性T細胞の性状の解析と長期培養に関する研究
  • 林 良輔,ハヤシ リョウスケ,HAYASHI Ryosuke
  • 千葉医学雑誌 60(1), 19-25, 1984-02-01
  • … メチルコラントレンで誘発したA/Jマウス(H-2^a; … またこのTcの細胞障害試験において,標的細胞のS1509aを抗H-2抗血清で処理すると,抗H-2K^kおよび抗H-2D^dで特異的にブロックしたことより,この細胞破壊作用には,H-2抗原の関与があることが明らかであった。 …
  • NAID 110006178984
  • 悪性黒色腫特異抗原の免疫学的解析(Ⅱ)抗黒色腫抗体および抗H-2b抗体によるキラーT細胞活性の阻止
  • 若林 正治,谷口 克,富岡 玖夫,岡本 昭二
  • 日本皮膚科学会雑誌 94(2), 143, 1984
  • … にH-2抗原の関与があるか否かを調べた.すなわち,抗メラノーマ抗体および抗H-2抗体を作製し,抗体がキラーT細胞の傷害活性に与える影響を検討した.C57BL/6マウス由来のB16メラノーマ細胞株を用いて同系C57BL/6マウスあるいはウサギに免疫し,B16メラノーマに対して特異的活性を持つ抗血清を作製することができた.また抗H-2b抗体はC3H・S …
  • NAID 130004682021
  • 卵白リゾチーム抗原特異的遅延型過敏反応のエフェクターハイブリドーマの性質について
  • 石井 則久,青木 一郎,相原 雄幸,奥田 研爾
  • 日本皮膚科学会雑誌 94(13), 1531, 1984
  • … (TDTHハイブリドーマ)はAKRマウス由来のBW5147胸腺腫細胞と,感作C3H/Heマウスより得たT細胞とを融合することにより得られた.TDTHハイブリドーマの膜表面の抗原性はLyt-1+2-,Thy-1.2であった.TDTHハイブリドーマと抗原を足蹠に注射し,24時間後の足蹠腫脹反応を調べると,H-2抗原のI-A亜領域がC3H/Heマウスと同じI-Akである場合に腫脹反応が陽性になった.この腫 …
  • NAID 130004682003

関連リンク

かな: エッチニコウゲン 【英】: H-2 antigen 本文: マウスの主要な組織適合抗原のことで第17番染色体上の遺伝子に支配される糖タンパクである.H-2複合体H-2 complexにおけるクラスI抗原で,分子量45,000の重鎖に,分子量12,000のβ 2 ミクロ ...
MHC MHCとは、major histocompatibility complexの略で、主要組織適合抗原複合体のこと。 ヒトのMHCは、HLA(human leukocyte antigen)と呼ばれ、ヒト第6染色体短腕上に、遺伝子領域が存在する。 マウスのMHCは、H-2 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事抗原」「H」「

抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


原」

  [★]

proto
プロト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡