DNAウイルス

出典: meddic



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/04 09:45:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いたDNAウイルスとRNAウイルスのマルチプレックス検出に関する基礎的検討 (MEとバイオサイバネティックス)
  • 大井 諒,菅原 俊継,黒田 聡 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(409), 79-83, 2014-01-24
  • NAID 40019982944
  • 導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いたDNAウイルスとRNAウイルスのマルチプレックス検出に関する基礎的検討
  • 大井 諒,菅原 俊継,黒田 聡,有澤 準二,木村 主幸
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 113(409), 79-83, 2014-01-17
  • … した手法を開発し,LAMP法と併用した迅速で高感度な検査法をこれまで報告してきた.本法では,1つの工程でDNAウイルスとRNAウイルスをマルチプレックス検出することを想定して,LAMP法に逆転写反応を組み合わせたRT-LAMP法(reversetranscription-LAMP)を用いて,DNAウイルスとRNAウイルスのそれぞれを検出した.その結果,DNAウイルスとRNAウイルスのどちらも安定して検出可能であることが判明した. …
  • NAID 110009822164
  • DNAを認識する細胞内自然免疫
  • 阿部 隆之
  • ウイルス 64(1), 83-94, 2014
  • … STING (stimulator of interferon (IFN) genes)は,様々なRNA及びDNAウイルス感染に対する生体防御機構に重要な役割を果たす,小胞体局在膜蛋白質として同定された分子である.一方,STINGはウイルス及び細菌由来のDNA成分に対する宿主自然免疫応答の誘導に重要な役割を示すことが報告されているが,その分子機序は明らかにされていなかった.我々の近年の報告から,STINGがウイルス由来のゲノムDNAのみならず,ISD (IFN-stimulatory …
  • NAID 130004922982

関連リンク

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。( 2011年9月 )
ヌクレオカプシド:カプソメアは相互に立方的対称をとり、共有結合している。 a)正二十面体構造 b)らせん状構造 エンベロープは脂質を含んでいるため、脂溶性のある溶媒(エーテルなど)により破壊され、そのビリオンは感染性を喪失 ...

関連画像

このようにDNAに変換されて宿主 DNAウイルスのマイクロ  DNA virus. 動物寄生DNAウィルスのRNAウイルスについて人は23対46のDNA ウイルス ウイルス学総論


★リンクテーブル★
拡張検索一本鎖DNAウイルス」「DNAウイルス感染」「DNAウイルス感染症
関連記事ウイルス」「D」「DNA

一本鎖DNAウイルス」

  [★]

single-stranded DNA virus
ssDNAウイルス ssDNA virus


DNAウイルス感染」

  [★]

DNA virus infection
DNAウイルス感染症


DNAウイルス感染症」

  [★]

DNA virus infection
DNAウイルス感染

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




D」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


DNA」

  [★]

deoxyribonucleic acid
デオキシリボ核酸
リボ核酸 RNA


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡