DI

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Department of the Interior 内務省 / drill instructor 教練係下士官 / discomfort index」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/05 12:58:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Compartment Syndrome in Children: Diagnosis and Management.
  • Hosseinzadeh P1, Talwalkar VR.
  • American journal of orthopedics (Belle Mead, N.J.).Am J Orthop (Belle Mead NJ).2016 Dec;45(1):19-22.
  • Compartment syndrome (CS) can present differently in children than in adults. Increased need for analgesics is the first sign of evolving CS in children. Children with supracondylar humeral fractures, floating elbow injuries, operatively treated forearm fractures, and tibial fractures are at high ri
  • PMID 26761913
  • Recent advances in the management of pulmonary embolism: focus on the critically ill patients.
  • Meyer G1,2,3, Vieillard-Baron A4,5,6, Planquette B7,8.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):19. doi: 10.1186/s13613-016-0122-z. Epub 2016 Mar 3.
  • The aim of this narrative review is to summarize for intensivists or any physicians managing "severe" pulmonary embolism (PE) the main recent advances or recommendations in the care of patients including risk stratification, diagnostic algorithm, hemodynamic management in the intensive care unit (IC
  • PMID 26934891
  • The occlusion tests and end-expiratory esophageal pressure: measurements and comparison in controlled and assisted ventilation.
  • Chiumello D1,2, Consonni D3, Coppola S4,5, Froio S6,7, Crimella F8, Colombo A9.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):13. doi: 10.1186/s13613-016-0112-1. Epub 2016 Feb 12.
  • BACKGROUND: Esophageal pressure is used as a reliable surrogate of the pleural pressure. It is conventionally measured by an esophageal balloon placed in the lower part of the esophagus. To validate the correct position of the balloon, a positive pressure occlusion test by compressing the thorax dur
  • PMID 26868503

和文文献

  • 新卒・中途のDI値が微減 企業の高い採用意欲が一服 (特集 2017総予測) -- (働き方)
  • 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly 105(1), 145, 2017-12-31
  • NAID 40021038891
  • 2月の地方経済天気図 : 地銀協調べ 景況判断DI、前月比1・6ポイント上昇し60台回復 緩やかな持ち直しが続く : 地域別、沖縄「晴れ」、他10地区「曇り」を維持
  • Electrical properties of extended defects in 4H-SiC investigated by photoinduced current measurements

関連リンク

薬剤師の日常業務やスキルアップに役立つ情報を提供するサイト。日経ドラッグインフォメーション(日経DI)編集部による記事を中心に、薬局薬剤師や病院薬剤師の執筆するコラムも多数。
「新規事業」の創造を支援するビジネスプロデュース会社、ドリームインキュベータ(DI)のウェブサイトです。業界の枠を超えるコンサルティングで、御社の新規事業の創造・立ち上げを実現します。

関連画像

Description SAMSON-DI-Box.jpgAlla scoperta della Baia di Ieranto con le Edward mani di forbice, una fiaba alla Tim Description Ponza chiaia di luna.JPG , Italy - EUROPE - Terme di SaturniaMADONNA FI MEDJUGORJE


★リンクテーブル★
リンク元尿崩症」「医薬品情報」「不快指数」「drug information」「ドラッグインフォーメーション
拡張検索DIC型後産期出血」「DIPROLENE」「CLEOCIN PEDIATRIC」「ISORDIL」「DIASORB
関連記事D

尿崩症」

  [★]

diabetes insipidus DI

概念

  • バソプレシンの不足または作用障害により腎集合管からの水分再吸収が低下し、多尿、口渇、多飲を来す疾患。

病型

障害部位

病因

  • 原発性尿崩症:視床下部、下垂体後葉系に原発
  • 遺伝性尿崩症/家族性尿崩症
ニューロフィジンIIの遺伝子異常
ADHレセプター異常症:V2受容体(伴性劣性遺伝)、アクアポリン2の異常(ほとんどが常染色体劣性遺伝)
  • 特発性尿崩症
  • 症候性尿崩症/続発性尿崩症/二次性尿崩症
  • 頭蓋内占拠性病変:脳腫瘍
  • 腎疾患:慢性腎不全、慢性腎盂腎炎、間質性腎炎、多発性嚢胞腎、閉塞性尿路疾患
  • 電解質異常:低K血症や高Ca血症
  • 薬物
続発性尿崩症の原因:脳腫瘍(50%)、外傷・ヒスチオサイトーシスX

疫学

  • 日本の発症頻度は16人/人口10万人
  • 病型:家族性2%、特発性43%、症候性55%/家族性1.6%、特発性42%、続発性56.4%(IMD)
  • 性差:
  • やや男子に多い。
  • 家族性は女性に多く、他の型では男女比はほぼ等しい(平成5年厚生省特定疾患調査研究班報告書)

診断基準

参考1

症状

  • 多尿
  • 口渇
  • 多飲 → 飲水量が十分でないと高ナトリウム血症、高浸透圧血症の引き金となる。
  • 冷水を好む

検査

  • 低張尿、高Na血症、高浸透圧血症。
  • 血清ナトリウム濃度:正常高値~軽度高値
  • 血清レニン濃度:正常高値~軽度高値
  • 血漿浸透圧:高値
  • 低張尿

負荷試験

画像検査

  • MRI
  • [中枢性尿崩症]T1:(DI)低信号  ⇔ (健常者)高信号   ←  T1で高信号になるものは脂肪、亜急性期の出血(メトヘモグロビン)、メラニン、高濃度蛋白質である。下垂体後葉が高信号を発するのは軸索中に高濃度のホルモンが存在するからなのか、軸索が集積しているためなのか、であろう。

診断(YN)

多尿 3000ml/day
尿浸透圧
 

290 mOsm/kg以上

 
浸透圧利尿
水利尿
血清ナトリウム濃度
血清レニン濃度

 

低値

 
心因性多飲
↓正常上限~軽度上昇
水制限テスト
バソプレシンテスト

 

尿量不変、尿浸透圧不変

 
腎性尿崩症
↓尿量減少、尿浸透圧上昇
バソプレシン濃度(高張食塩水負荷時)
MRIで基礎疾患の描出・T1で下垂体後葉の高信号の消失
中枢性尿崩症

治療

参考

  • 1. 間脳下垂体機能異常症の診療と治療の手引き
[display]http://square.umin.ac.jp/kasuitai/doctor/guidance.htm
  • 2. MRI left:normal right:DI
[display]http://www.endotext.org/neuroendo/neuroendo2/figures/figure11.jpg



-diabetes insipidus



医薬品情報」

  [★]

drug informationDI
医薬情報


不快指数」

  [★]

discomfort index, DI
快感帯



drug information」

  [★] 医薬品情報 医薬情報 DI

ドラッグインフォーメーション」

  [★]

drug information
DI


DIC型後産期出血」

  [★]

DIC type placental stage hemorrhage


DIPROLENE」

  [★]

betamethasone dipropionate


CLEOCIN PEDIATRIC」

  [★]

clindamycin palmitate


ISORDIL」

  [★]

isosorbide dinitrate


DIASORB」

  [★] アタパルジャイト


D」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


"http://meddic.jp/DI" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡