Cl-

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/13 21:24:47」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Floral classification of honey using liquid chromatography-diode array detection-tandem mass spectrometry and chemometric analysis.
  • Zhou J, Yao L, Li Y, Chen L, Wu L, Zhao J.SourceBee Research Institute, Chinese Academy of Agricultural Sciences, Beijing 100093, China; Bee Product Quality Supervision and Testing Center, Ministry of Agriculture, Beijing 100093, China; Laboratory of Risk Assessment for Quality and Safety of Bee Products, Ministry of Agriculture, Beijing 100093, China.
  • Food chemistry.Food Chem.2014 Feb 15;145:941-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.08.117. Epub 2013 Sep 4.
  • A high performance liquid chromatography-diode array detection-tandem mass spectrometry (HPLC-DAD-MS/MS) method for the floral origin traceability of chaste honey and rape honey samples was firstly presented in this study. Kaempferol, morin and ferulic acid were used as floral markers to distinguish
  • PMID 24128567
  • A thermostable exo-β-fructosidase immobilised through rational design.
  • Martínez D, Cutiño-Avila B, Pérez ER, Menéndez C, Hernández L, Del Monte-Martínez A.SourceFermentation Laboratory, Center for Genetic Engineering and Biotechnology Sancti Spíritus (CIGBSS), Circunvalante Norte S/N, Olivos 3, Apartado Postal 83, Sancti Spíritus 60200, Cuba. Electronic address: duniesky.martinez@cigb.edu.cu.
  • Food chemistry.Food Chem.2014 Feb 15;145:826-31. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.08.073. Epub 2013 Aug 28.
  • Thermotoga maritima exo-β-fructosidase (BfrA) secreted by a recombinant Pichia pastoris strain was optimally immobilised on Glyoxyl-Sepharose CL 4B using the Rational Design of Immobilised Derivatives (RDID) strategy. Covalent attachment of the N-glycosylated BfrA onto the activated support at pH 1
  • PMID 24128552
  • Chilean flour and wheat grain: Tracing their origin using near infrared spectroscopy and chemometrics.
  • González-Martín MI, Wells Moncada G, González-Pérez C, Zapata San Martín N, López-González F, Lobos Ortega I, Hernández-Hierro JM.SourceDepartamento de Química Analítica, Nutrición y Bromatología, Facultad de Ciencias Químicas, C/Plaza de la Merced s/n., 37008 Salamanca, Spain.
  • Food chemistry.Food Chem.2014 Feb 15;145:802-6. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.08.103. Epub 2013 Sep 6.
  • Instrumental techniques such a near-infrared spectroscopy (NIRS) are used in industry to monitor and establish product composition and quality. As occurs with other food industries, the Chilean flour industry needs simple, rapid techniques to objectively assess the origin of different products, whic
  • PMID 24128548

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 離乳期の食事導入不良により低K低Cl性アルカローシスを来しBartter症候群との鑑別を要した1歳男児例
  • 重田 みどり,大嶋 寛子,渡辺 周之 [他]
  • 小児科臨床 65(8), 1865-1870, 2012-08
  • NAID 40019342808
  • Electrochemical synthesis of methyl-3,5,7-trifluoroadamantane-1-carboxylate under recycling use of ionic liquid media
  • Monoi Miki,Hara Shoji
  • Journal of Fluorine Chemistry 140, 28-30, 2012-08
  • … After the reaction, the product was extracted from pyridine-5HF by hexane-CH2Cl2, and recovered pyridine-5HF was used repeatedly. …
  • NAID 120004689029

関連リンク

uefa.comは欧州サッカーを統括する欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトです。UEFAはUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ、UEFA欧州選手権(UEFA EURO 2008、UEFA EURO 2012)など、欧州を舞台に行われる最高峰のサッカー ...
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)情報。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の海外サッカーページです。最新のニュース、速報、コラム、日程、結果、順位などを素早くお届けします。

関連画像

 CL-Class it is just as appealing as in theMercedes CL 65 Kicherer CoupeCredit: CL-story and thanks white starMercedes-Benz CL 65 AMG duvar kağıdı The Vitt Mercedes-Benz CL-Class Super Wide LSD wing doors for Mercedes CL


★リンクテーブル★
先読みchloride
国試過去問103G010
リンク元代謝性アシドーシス」「アニオンギャップ」「塩素イオン」「クロライド」「chloride ion
拡張検索Na+-K+-2Cl-共輸送体」「Cl-/HCO3-交換輸送体」「Na+-Cl-共輸送体」「Na+/K+/2Cl-共輸送体
関連記事C」「Cl」「CL」「cl

chloride」

  [★] 塩素イオン

WordNet   license wordnet

「any compound containing a chlorine atom」

WordNet   license wordnet

「any salt of hydrochloric acid (containing the chloride ion)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「塩化物」


103G010」

  [★]

  • a. H+濃度の低下
  • b. Na+濃度の上昇
  • c. Cl-濃度の上昇
  • d. CO2濃度の上昇
  • e. 2,3-DPG濃度の低下
[正答]


※国試ナビ4※ 103G009]←[国試_103]→[103G011

代謝性アシドーシス」

  [★]

metabolic acidosis
アシドーシス酸塩基平衡異常

酸塩基平衡異常とその代償 SP.660

  HCO3- pCO2
呼吸性アシドーシス
呼吸性アルカローシス
代謝性アシドーシス
代謝性アルカローシス

原因

アニオンギャップによる分類

a. アニオンギャップの開大するアシドーシス 有機酸の蓄積

  • 代謝アシドーシスをきたしているとき、HCO3-によりH+を滴定するため、HCO3-が減少する。HCO3-の減少を、Cl-ではない陰イオンが増加することで生体内の電気的中性を保つような病態ではアニオンギャップが開大する。
  • (病態の形成機序としては不揮発酸が増大した結果としてHCO3-が減少しているのだが)
  • (1)腎不全時のリン酸、硫酸の増加、(2)低酸素血症時の乳酸の増加[ 乳酸アシドーシス ]、(3)ケトン体増加[ 糖尿病性ケトアシドーシス ]

b. アニオンギャップの開大しない代謝性アシドーシス プロトン過剰 or HCO3-喪失

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版
  • メカニズム:代謝アシドーシスでは、HCO3-によりH+を滴定されておりHCO3-が減少する。代償的にCl-が増加してアニオンジャップが正常になっている(Cl-の値に注意する)。
(不揮発性酸の過剰産生ではなく、代謝的にHCO3-の過剰喪失、H+の過剰産生、H+の排泄障害が考えられる)
  • 分類
  • HCO3-喪失
  • NH4Cl負荷などの外因性H+摂取</span>

症状

検査

  • 血液ガス:pH↓
  • 尿検査:カルシウム排泄増加 ← 遠位尿細管でのカルシウム再吸収が抑制されるため。

治療

  • 重炭酸ナトリウム投与:volume overload、イオン化カルシウムの減少によりテタニーに注意
後者は、急激にpHを上げると、アルブミンが負に帯電、イオン化カルシウムが急激に減少することでテタニーを生じる。このような場合にはグルコン酸カルシウムの投与を行う。(QB.D-354)

その他

  • 代謝性アシドーシスでは、呼吸性代償が機能していれば、PaCO2=pHの小数点以下2桁、となる。pH 7.34の代謝性アシドーシスではPaCO2 34Torrが期待されるが、34を大きく上回る場合、呼吸性代償が機能していないと判断される。(出典不明)



アニオンギャップ」

  [★]

anion gap, AG
陰イオンギャップ
AG


定義

  • 血液中の陽イオンと陰イオンの差
[Na+]-[HCO3-]-[Cl-]

血液中の陽イオン

血液中の陰イオン

意義

  • [Na+]-[HCO3-]-[Cl-] = 未測定陰イオン - 未測定陽イオン
  • 未測定陽イオンの変動はほとんど無く、アニオンギャップは未測定陰イオン濃度の推定に用いられる
  • 不揮発性酸(乳酸リン酸硫酸ケト酸など)↑→未測定陰イオン↑→アニオンギャップ↑
  • アニオンギャップが開大していると言うことは、不揮発性酸(乳酸リン酸硫酸ケト酸)が血中に増加していることを示す。

基準値

「[Na+]-[HCO3-]-[Cl-]の場合」
基準値 :12 mEq/l
基準範囲:8-16 mEq/l or 12±2 mEq/l or 12±4 mEq/l(LAB.643)

解釈

高値

  • アニオンギャップの開大する 代謝性アシドーシス
  • 代謝アシドーシスをきたしているとき、HCO3-によりH+を滴定するため、HCO3-が減少する。HCO3-の減少を、Cl-ではない陰イオンが増加することで生体内の電気的中性を保つような病態ではアニオンギャップが開大する。
  • (病態の形成機序としては不揮発酸が増大した結果としてHCO3-が減少しているのだが)
  • (1)腎不全時のリン酸、硫酸の増加、(2)低酸素血症時の乳酸の増加[ 乳酸アシドーシス ]、(3)ケトン体増加[ 糖尿病性ケトアシドーシス ]

注意

  • アニオンギャップの開大しない代謝性アシドーシスもある
  • 代謝アシドーシスをきたしているとき、HCO3-によりH+を滴定するため、HCO3-が減少する。このとき、陰イオンが代償的に増加していれば、アニオンギャップは正常となる。アニオンギャップの開大しない代謝アシドーシスではCl-が増加している(Cl-の値に注意する)。
  • (不揮発性酸の過剰産生ではなく、代謝的にHCO3-の過剰喪失、H+の過剰産生、H+の排泄障害が考えられる)
  • 消化管からのHCO3-喪失、尿細管アシドーシスによるH+排泄の障害、NH4Cl負荷などの外因性H+摂取

低値

  • unmeasured anionの減少:低アルブミン血症。Alb 1mg/dlの低下→AG約2.5-3.0mEqの低下。高AGをマスクしうるので注意。


塩素イオン」

  [★]

chloride ion, Cl-
クロルイオンクロライドイオン
塩素塩化物イオン(水質汚濁防止法関連)


基準値

  • (血漿)96-108 mEq/L
  • 99-106 mEq/L (QB) →  だいたい 103±3 mEq/L か

尿中塩素イオン

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.166
  • 尿中Cl濃度10mEq/l以下:循環血漿量の減少を示唆。生理食塩水に反応する。Cl反応性アルカローシス
  • 尿中Cl濃度20mEq/l以上:利尿剤を用いていない場合でも見られる場合には、生理食塩水では改善しない。Cl不応性アルカローシス



クロライド」

  [★]

chlorideCl-
塩化塩化物塩素イオンクロリドクロール


chloride ion」

  [★]

chlorideCl-

Na+-K+-2Cl-共輸送体」

  [★]

Na+-K+-2Cl- cotransporter, Na+,K+,2Cl- cotransporter, NKCC2
Na, K, Cl, Caの再吸収
ヘンレループ太い上行脚
フロセミドにより阻害
  • ヘンレループ太い上行脚にあって、Na, K, Clを尿細管腔から尿細管細胞の中に取り込む共輸送体。
  • Caの再吸収にも関与する
  • フロセミドにより阻害される。


Cl-/HCO3-交換輸送体」

  [★]

Cl- HCO3- exchanger、Cl-HCO3 exchanger、chloride-bicarbonate exchangerchloride-bicarbonate antiporter
クロライド・炭酸水素イオンアンチ・ーター、塩素イオン・炭酸水素イオン交換輸送体、Cl-/HCO3-アンチ・ーター


Na+-Cl-共輸送体」

  [★]

Na+-Cl- cotransporter, NCC, NCCT
サイアザイド感受性Na+-Cl-共輸送体、サイアザイド

サイアザイド感受性Na+-Cl-共輸送体 (SP.791)


Na+/K+/2Cl-共輸送体」

  [★]

Na+-K+-2Cl- cotransportersodium-potassium-chloride symporter
ナトリウム・カリウム・塩素イオン共輸送体


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


Cl」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「chlorineの化学記号」


CL」

  [★]


cl」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「centiliter[s]」


"http://meddic.jp/Cl-" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡