Cdc2キナーゼ

出典: meddic

Cdc2 protein kinase
Cdc2プロテインキナーゼ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 卵成熟過程において成熟 /M期促進因子活性を制御する上流因子
  • 内藤 邦彦,西村 行雄,山室 匡史 [他],嶋岡 琢磨,藤井 渉,鈴木 真理,西村 鷹則,加納 聖
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 27(1), 27-34, 2010-04-01
  • 成熟/M期促進因子(MPF)活性はサイクリンB濃度とCdc2キナーゼのリン酸化状態によって制御されている。この総説ではサイクリンBの合成と分解、Cdc2のリン酸化と脱リン酸化を制御する因子について解説する。サイクリンBの合成については細胞質ポリA付加反応に関与するオーロラAと細胞質ポリA付加工レメント結合タンパク質(CPEB)に、サイクリンBの分解について分裂後期促進複合体(APC)活性化因子のF …
  • NAID 10026350430
  • ブタ精子抽出物の顕微注入によるブタ成熟卵母細胞の活性化とその後の発生
  • 岡田 幸之助,宮野 隆,三宅 正史
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 21(3), 134-140, 2004-10-01
  • ブタ射出精子より調製した粗抽出物の顕微注入によるブタ体外成熟卵母細胞の活性化について調べ、電気刺激法による卵母細胞の活性化と比較した。体外で48時間培養することによって成熟させた第二減数分裂中期のブタ卵母細胞に8.2-14.1plの精子抽出物を顕微注入した場合、すべての卵母細胞が減数分裂を再開して前核を形成した。電気刺激した卵母細胞では92%が減数分裂を再開し、前核を形成した(P>0.05)。体外 …
  • NAID 10014108967
  • Butyrolactone Iがブタ卵胞内卵子の減数分裂再開の抑制および核移植後の発育に及ぼす影響
  • 池田 幸司,高橋 芳幸
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 19(1), 46-51, 2002-04
  • ButyrolactoneIがブタ卵胞内卵子の減数分裂再開の抑制および核移植後の発育に及ぼす影響46-51 池田幸司・高橋芳幸 北海道大学大学院獣医学研究科・臨床診断治療学講座・繁殖学教室、札幌市 〒060-0818 cdc2キナーゼの阻害剤であるbutyrolactoneI(BL)がブタ卵胞内卵子の減数分裂再開の抑制および核移植後の発育に及ぼす影響を検討した。ブタ卵子は様々な濃度のBLを含む培養 …
  • NAID 120004557368

関連リンク

Cdc2(CDK1)とサイクリンA,Bが発見されたが,細胞周期はこれらだけで制御されるのか? 後に多くのCDKとサイクリンが発見され,細胞周期の各段階は,異なるCDK-サイクリン複合体で制御されていることが明らかとなった。また,細胞 ...
... 活性の増大から利益を受ける疾患または障害を処置および/または予防するためのCdc2様キナーゼ(Clk)モジュレータの使用方法を提供される。また、Clkモジュレート化合物を別の治療用薬剤との組合せで含む組成物を サートリス(31) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元Cdc2 protein kinase」「Cdc2プロテインキナーゼ
関連記事Cd」「キナーゼ

Cdc2 protein kinase」

  [★]

Cdc2キナーゼCdc2プロテインキナーゼ


Cdc2プロテインキナーゼ」

  [★]

Cdc2 protein kinase
Cdc2キナーゼ

Cd」

  [★] カドミウム

cadmium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「cadmiumの化学記号」


キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡