CD4陽性T細胞

出典: meddic

CD4 T-cellCD4-positive T-lymphocyte
CD4陽性Tリンパ球T4リンパ球CD4陽性リンパ球T4細胞

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/18 13:17:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫不全NOGマウスを用いた「ヒト化マウス」
  • 末水 洋志
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(5), 203-206, 2012-05-01
  • … 疫,感染症や腫瘍など,様々な研究分野でヒト化モデルが作製された.ヒト造血幹細胞移植により構築したヒト化造血モデルは広汎な細胞系列,特にヒトT/B細胞への増殖分化が認められることから,ヒトCD4陽性T細胞に感染して後天性免疫不全症候群を起こすヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus: HIV)や,成人T細胞性白血病を起こすヒトTリンパ球向性ウイルス1型(human T-lymphotropic virus-1: HTLV-1),主にB細胞に感 …
  • NAID 10030572684
  • 皮膚疾患におけるIL-22の役割
  • 藤田 英樹
  • 日本臨床免疫学会会誌 35(3), 168-175, 2012
  • …   IL-22はIL-10, IL-19, IL-20, IL-24, IL-26等と共にIL-10ファミリーに属するサイトカインである.IL-22はCD4陽性T細胞,NK細胞,NKT細胞等の免疫担当細胞より産生され,呼吸器,腸管,皮膚,肝臓などの上皮細胞に作用する.皮膚の表皮角化細胞においては,IL-22は抗菌ペプチドの発現を誘導し自然免疫に関与する.その一方でIL-22は角化細胞の増殖を誘導し表皮肥厚を引き起こすと同時にその終末分化を阻害しバリア機能関 …
  • NAID 130001908945

関連リンク

【ベストアンサー】CD4とCD8はT細胞の表面にある、受容体のことです。 CD4はマクロファージやB細胞が持つ、クラスⅡMHC分子と結合します。 CD8は自己の細胞(赤血球は除く)が持つ、クラスⅠMHC ...
【ベストアンサー】ヘルパーT細胞:CD4陽性T細胞から分化したもの。 CD4抗体を発現している。サイトカインの産生タイプで3種類 がある。(細胞性免疫、液性免疫、自己免疫疾患に関係する ...

関連画像

 CD4陽性およびCD8陽性T細胞の CD4陽性およびCD8陽性T細胞の新しいHIVは、CD4陽性T細胞 細胞 もしくは 制御 性 t 細胞 脾臓細胞におけるCD4陽性T細胞 図2


★リンクテーブル★
リンク元通性細胞内寄生菌」「NFAT」「CD4-positive T-lymphocyte」「CD4陽性リンパ球」「CD4陽性Tリンパ球
関連記事T細胞」「C」「T」「CD」「Ted

通性細胞内寄生菌」

  [★]

facultative intracellular parasite
リステリア・モノサイトゲネス細胞内寄生菌

臨床関連

  • IL-12, IL-12受容体、INF-γ受容体、およびINF-γのシグナル伝達系路の異常→通性細胞内寄生菌に易感染性
  • mycobacteria
  • salmonellae


NFAT」

  [★]

nuclear factor of activated T cells, NF-AT
NFAT family、カルシニューリンシクロスポリンAFK506


  • 転写因子
  • CD4陽性T細胞が活性化されると、NFκBともに産生される
  • 普段は細胞質にあってセリン/スレオニンキナーゼにより核移行配列がリン酸化されており核移行が妨げられている。
  • 細胞質の[Ca2+]↑によりカルモジュリンがCa2+を結合しコンフォメーションが変化する。
  • Ca2+を結合したカルモジュリンは、セリン/スレオニンホスファターゼであるカルシニューリンに結合する。
  • カルモジュリンとの結合によりカルシニューリンは活性化され、NFATを脱リン酸化する。
  • 脱リン酸化されたNFATは核に移行し遺伝子発現を行う。
  • T細胞ではIL-2の転写に関わっている


CD4-positive T-lymphocyte」

  [★]

CD4陽性T細胞CD4陽性Tリンパ球

CD4 T-cellCD4-positive lymphocyteT4 cellT4 lymphocyte


CD4陽性リンパ球」

  [★]

CD4-positive lymphocyte
CD4陽性T細胞CD4陽性Tリンパ球T4リンパ球T4細胞


CD4陽性Tリンパ球」

  [★]

CD4-positive T-lymphocyteCD4-positive lymphocyte
CD4陽性T細胞CD4陽性リンパ球

T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


Ted」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a tough youth of 1950''s and 1960''s wearing Edwardian style clothes」
Teddy boy




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡