C1インアクチベータ活性

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

C1インアクチベーターは補体因子のC1rとC1sの抑制因子で,同時に第ⅩⅡa因子,第 ⅩⅠa因子,血漿カリクレインなどの内因系凝固因子を強く阻害し,プラスミンも阻害する 事から,キニン生成系や凝固系、補体系、線溶系の制御に関与している。 急性炎症性 ...
C1インアクチベーター活性. 測定方法 : 発色性合成基質法. 外注会社 : SRL 基準範囲 : 70~130(%). 臨床的意義 C1インアクチベーターは補体因子のC1rとC1sの抑制因子 で同時に第ⅩⅡa因子,第ⅩⅠa因子,血漿カリクレインなどの内因系凝固因子を強く ...

関連画像

血液検査(C)


★リンクテーブル★
関連記事C」「C1」「活性」「

C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


C1」

  [★]



活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡