Bordetella pertussis

出典: meddic

Bordetella pertussis
百日咳菌ボルデー・ジャングー菌 Bordet-Gengou bacillus
pertussis細菌


概念

  • ボルデテラ属
  • グラム陰性桿菌(グラム陰性球桿菌)
  • 好気性
  • 百日咳の原因菌
  • 伝染性が強い
  • 不顕感染はまれ

毒素

  • 百日咳毒素:リンパ球増加、低血糖、気管上皮への付着 ← リンパ球増多症
  • アデニルシクラーゼ毒素:白血球走化能の抑制
  • 気管細胞毒素
  • 皮膚壊死毒素
  • 線維素性血球凝集素
  • リポポリサッカライド

感染症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/27 16:38:07」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Characterization of Bordetella holmesii isolates from patients with pertussis-like illness in the Netherlands.
  • Mooi FR, Bruisten S, Linde I, Reubsaet F, Heuvelman K, van der Lee S, J King A.SourceNational Institute of Public Health and the Environment (RIVM), Centre for Infectious Diseases Control (CIb), Laboratory for Infectious Diseases and Perinatal Screening (LIS), Bilthoven, The Netherlands.
  • FEMS immunology and medical microbiology.FEMS Immunol Med Microbiol.2012 Mar;64(2):289-91. doi: 10.1111/j.1574-695X.2011.00911.x. Epub 2011 Dec 14.
  • Bordetella holmesii is a recently described human pathogen mainly isolated from blood. However, in the US and Canada, B. holmesii has also been cultured from the nasopharynx of patients with pertussis-like symptoms. To the best of our knowledge, respiratory isolates from Europe have not been charac
  • PMID 22098551
  • Prevalence of Bordetella pertussis and Bordetella parapertussis infections in Tunisian hospitalized infants: results of a 4-year prospective study.
  • Zouari A, Smaoui H, Brun D, Njamkepo E, Sghaier S, Zouari E, Félix R, Menif K, Ben Jaballah N, Guiso N, Kechrid A.SourceMicrobiology Laboratory, Children's Hospital of Tunis, Tunis, Tunisia.
  • Diagnostic microbiology and infectious disease.Diagn Microbiol Infect Dis.2012 Feb 6. [Epub ahead of print]
  • The prevalence of pertussis in Tunisia remains undetermined essentially because of the unavailability of a basic laboratory diagnostic service. Specific diagnostic tools were applied for the first time in a Tunisian prospective study in order to get a first estimation of the prevalence of Bordetella
  • PMID 22313629
  • A structural motif is the recognition site for a new family of bacterial protein O-glycosyltransferases.
  • Charbonneau ME, Côté JP, Haurat MF, Reiz B, Crépin S, Berthiaume F, Dozois CM, Feldman MF, Mourez M.SourceCanada Research Chair on Bacterial Animal Diseases, Université de Montréal, Faculté de Médecine Vétérinaire, St-Hyacinthe, 3200 Sicotte, St-Hyacinthe, Québec, J2S 7C6, Canada Department of Biological Sciences Mass Spectrometry Facility, Department of Chemistry, University of Alberta, Edmonton, Alberta, T6G 2E9, Canada INRS-Institut Armand-Frappier, 531 Boul. des Prairies, Laval, Québec, H7V 1B7, Canada.
  • Molecular microbiology.Mol Microbiol.2012 Feb 5. doi: 10.1111/j.1365-2958.2012.07973.x. [Epub ahead of print]
  • The Escherichia coli Adhesin Involved in Diffuse Adherence (AIDA-I) is a multifunctional protein that belongs to the family of monomeric autotransporters. This adhesin can be glycosylated by the AIDA-associated heptosyltransferase (Aah). Glycosylation appears to be restricted to the extracellular do
  • PMID 22304382

和文文献

  • コンベンショナルPCRを用いたBordetella属菌の一斉スクリーニング法
  • 秋山 由美,齋藤 悦子,榎本 美貴 [他]
  • 感染症学雑誌 = The journal of Japanese the Association for Infectious Diseases 87(6), 721-725, 2013-11
  • NAID 40019903532
  • 小児・成人の百日咳の治療 (特集 外来診療における正しい抗菌薬の使用)
  • 尾内 一信,田中 孝明
  • 日本医師会雑誌 141(5), 1004-1006, 2012-08
  • NAID 40019362501
  • Bactericidal activity of topical antiseptics and their gargles against Bordetella pertussis
  • SUZUKI Takahisa,KATAOKA Hiroshi,IDA Takashi,KAMACHI Kazunari,MIKUNIYA Takeshi
  • Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 18(2), 272-275, 2012-04-01
  • NAID 10030545840
  • 香川県におけるLAMP法による百日咳遺伝子検出状況
  • 宮本 孝子,有塚 真弓,関 和美 [他]
  • 香川県環境保健研究センター所報 11, 82-85, 2012
  • NAID 40019570761

関連リンク

Pertussis, also known as whooping cough, is a highly contagious respiratory disease. It is caused by the bacterium Bordetella pertussis. Pertussis is known for uncontrollable, violent coughing which often makes it hard ...
Kid-friendly Fact Sheet Meet Pertussis, a disease villain that leaves its victims literally gasping for air. Pertussis is one of ten villains in the Immune ... Centers for Disease Control and Prevention 1600 Clifton Rd ...
Pertussis (Whooping Cough) Module 1 Bordetella pertussis Bulletins October 1, 2010. In California, this year started out much like many others for the public health detectives who keep an eye on infectious diseases. But by the end ...

関連画像

 relacionadas con Bordetella pertussisBordetella pertussis. Pewarnaan Gram Bordetella pertussis.jpgBordetella Pertussisbordetella_pertussisBordetella pertussis: Deifinition Beschreibung Bordetella pertussis 6379 Bordetella pertussis


★リンクテーブル★
先読み細菌
リンク元エリスロマイシン」「ボルデテラ属

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



エリスロマイシン」

  [★]

erythromycin, EM
アイロタイシンエリスロシンエコリシンエリコリE-Mycin, Ery-Tab, Ery-C, Ilosone, Eryc, Ilotycin
抗菌薬
  • first aid step1 2006 p.141,143,144,144-145,165,166,169,170,173,178,208

分類

  • 14員環マクロライド

特徴

  • ペニシリン過敏症の患者に対する第一選択となる
  • P450の阻害作用を持つので他の薬剤との相互作用に注意が必要。
  • 耐性菌が多い。MRSAは100%、肺炎球菌は50%が耐性を持つ (SMB.157)

構造

作用機序

  • 50Sに結合し、リボソームの動きを妨げることで、A siteのpeptidyl-tRNAをP siteに移動するのを妨げる?
  • inhibit protein synthesis by blocking translocation

抗菌スペクトル

IRE.166

動態

IRE.166
  • 分布:組織移行性がよく、ほとんどの組織に移行する。中耳、前立腺にも移行する。中枢神経系、関節腔には移行しづらい。
  • 排泄:肝排泄。胆汁中に排泄。血液透析、腹膜透析では除去されない。

適応

注意

禁忌

副作用

USMLE

  • Q book p.356 6



ボルデテラ属」

  [★]

Bordetella





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡