BKウイルス

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/24 11:09:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • BKウイルス腎症における免疫再構築症候群
  • 日本臨床腎移植学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Clinical Renal Transplantation 3(2), 160-165, 2015-12
  • NAID 40020688818
  • 症例報告 BKウイルス腎症の診断と治療に苦慮した小児腎移植の1例
  • 日本臨床腎移植学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Clinical Renal Transplantation 2(2), 225-229, 2014-12
  • NAID 40020446637
  • BKウイルス感染とHLA
  • 日本臨床腎移植学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Clinical Renal Transplantation 2(1), 29-35, 2014-07
  • NAID 40020445660

関連リンク

BKウイルス(BKV)は、ポリオーマウイルス科ポリオーマウイルス属に分類されるDNA ウイルスである。 ... 上田順子、岩田隆子 ほか「In situ hybridization 法による尿中 BK ウイルス、JC ウイルス感染細胞の検出とその経過観察」、『日本臨床細胞学会雑誌』 ...
ノースカロライナ大学のHarasharan K. Singh博士らは、腎臓移植後に認められるBK ポリオーマウイルスによる腎症を検出できる簡単な新尿検査法を開発したと発表しました (Presence of urinary Haufen accurately predicts polyomavirus nephropathy, ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ヒトポリオーマウイルスBK」「BKポリオーマウイルス」「ポリオーマウイルスホミニス1
拡張検索BKウイルス感染」「BKウイルス感染症
関連記事ウイルス」「B」「BK

ヒトポリオーマウイルスBK」

  [★]

human polyomavirus BK
BKウイルスBKポリオーマウイルスポリオーマウイルスホミニス1


BKポリオーマウイルス」

  [★]

BK polyomavirus
BKウイルスヒトポリオーマウイルスBKポリオーマウイルスホミニス1

ポリオーマウイルスホミニス1」

  [★]

polyomavirus hominis 1
BKウイルスヒトポリオーマウイルスBKBKポリオーマウイルス


BKウイルス感染」

  [★]

BK virus infection
BKウイルス感染症


BKウイルス感染症」

  [★]

BK virus infection
BKウイルス感染


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

BK」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡