3-3-9度方式

出典: meddic

日本昏睡尺度

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ECS (特集 意識障害へのアプローチ--診断・治療のポイントとピットフォール)
  • 急性期破裂脳動脈瘤の術前Gradingと予後:-特にHunt-Hess分類, 3-3-9度方式, Glasgow Coma Scaleの問題点について-
  • 佐々木 修,石井 鐐二,小池 哲雄,大杉 繁昭,日高 俊彦,市川 昭道,皆川 崇志,鎌田 健一,柿沼 健一,田中 隆一,新井 弘之
  • Nosotchu no Geka Kenkyukai koenshu 14(0), 1-5, 1986
  • … The grading systems used here were Hunt-Hess system (H-H), Glasgow Coma Scale (GCS) and 3-3-9 system (3-3-9).<BR>1. … The results were good in patients with a GCS score of 13 or more, and were poor in patients with a GCS score of 12 or less.<BR>3. … The 3-3-9 grades for the Grade III patients were between 0 and 20. …
  • NAID 130001932732

関連リンク

3-3-9度方式 (JCS:Japan Coma Scale) I 刺激しないでも覚醒している。 1 大体意識清明だが、いまひとつはっきりとしない。 2 見当識障害がある(日時、場所等が判らない)。 3 自分の名前、生年月日が言えない。 II 刺激すると覚醒 ...
日本で考えられた、簡便で最も利用されている意識レベルの評価法として「jcs・3-3-9度方式」について
意識障害の程度を表す方法として、『3-3-9度方式(さんさんくどほうしき)』や『グラスゴーコーマスケール』が用いられています。 脳卒中や頭部外傷などの疾患では、意識レベルが重症度と予後の見極めになるので、大切な情報 ...

関連画像

,再以接龍方式傳俾一位朋友3 以45度角方式涨停板-详解19种 提升亲密度的方式(参考第五  (AC100V DC15V方式両用) /VUBCA35S移动式查询经纬度方式


★リンクテーブル★
リンク元日本昏睡尺度
関連記事」「方式

日本昏睡尺度」

  [★]

Japan Coma Scale, JCS
3-3-9度方式ジャパン・コーマ・スケール
意識障害の評価法。グラスゴー・コーマ・スケール GCS


  • 脳血管障害にはJCS
  • 外傷にはGCS

JCS

  • 1.覚醒している(confusion, senselessness, delirium)
  • 1 だいたい意識清明だが、今ひとつはっきりしない
  • 2 見当識障害あり
  • 3 名前、生年月日がいえない
  • 2.刺激すると覚醒する(stupor, lethargy, hypersomnia, somnolence, drowsiness)
  • 10 呼びかけで容易に開眼する
  • 20 大きな声、または体をゆさぶることにより開眼する
  • 30 痛み刺激で辛うじて開眼する
  • 3.刺激しても覚醒しない(deep coma, coma, semicoma)
  • 100 はらいのける動作をする
  • 200 手足を少し動かしたり顔をしかめたりする(除脳硬直を含む) → 除皮質硬直も200らしい(出典不明)
  • 300 全く動かない
1.覚醒している(confusion, senselessness, delirium)
  1 だいたい意識清明だが、今ひとつはっきりしない
2 見当識障害あり
3 名前、生年月日がいえない
2.刺激すると覚醒する(stupor, lethargy, hypersomnia, somnolence, drowsiness)
  10 呼びかけで容易に開眼する
 合目的的な運動(例えば、右手を握れ、離せ)をするし、言葉も出るが、間違いが多い
20 大きな声、または体をゆさぶることにより開眼する
 簡単な命令に応ずる(例えば、何らかの理由で開眼できない場合の離握手)
30 痛み刺激で辛うじて開眼する
 痛み刺激をくわえつつ呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する
3.刺激しても覚醒しない(deep coma, coma, semicoma)
  100 はらいのける動作をする
200 手足を少し動かしたり顔をしかめたりする(除脳硬直を含む)
300 全く動かない

付記する記号

以下に当てはまれば、xxx-RIAのように表記する

JCS補足 IMD.41

  • 10:合目的的な運動(例えば、右手を握れ、離せ)をするし、言葉も出るが、間違いが多い
  • 20:簡単な命令に応ずる(例えば、何らかの理由で開眼できない場合の離握手)
  • 30:痛み刺激をくわえつつ呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する


式」

  [★]

equationformulaformulaeexpressionEq.
公式処方箋発現表現表情方程式発現量


方式」

  [★]

methodsystem
測定法測定方法方法システム手法体系体制




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡