105G057

出典: meddic

  • 52歳の男性。就寝中のいびきを主訴に来院した。会社で日中の居眠りが多く、最近、注意力の低下を自覚している。妻にいびきがひどいことを指摘され受診した。飲酒はビール1,000ml/日を18年間。身長165cm、体重90kg。ポリソムノグラフィにて無呼吸指数52(基準5未満)。
  • この患者について適切なのはどれか。2つ選べ。


  • a 在宅酸素療法を行う。
  • b 体重を減らすよう指導する。
  • c ビール1,000ml/日程度の飲酒は問題ない。
  • d 向精神薬を投与して睡眠をコントロールする。
  • e 睡眠中に経鼻的持続的気道陽圧法による呼吸管理を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G056]←[国試_105]→[105G058

"http://meddic.jp/105G057" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡