103I054

出典: meddic

  • 50歳の女性。頸肩腕部の痛みとしびれ感とを主訴に職場の産業医を受診した。職場で端末キーボードからデータを入力する作業を行っている。2週前から残業時間が長くなり、1週前から症状が強くなった。糖尿病、高血圧および脂質異常症の既往はない。左右の上肢とも関節に変形、圧痛および関節可動域制限はなく、腱反射と徒手筋力テストとは正常である。
  • 産業医の指導として適切でないのはどれか。
  • a. 残業の禁止を助言する。
  • b. 足元の障害物を取り除く。
  • c. キーボードを肘よりも高い位置に置く。
  • d. 他の作業とのローテーションを導入する。
  • e. 空調の冷気が頸肩腕部に直接当たらないようにする。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I053]←[国試_103]→[103I055

"http://meddic.jp/103I054" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡