103G040

出典: meddic

  • 38歳の女性。3か月前に脳出血を発症し、右片麻痺失語症とが残存した。救急病院で初期治療を受け、1か月後にリハビリテーション病院に転院した。2か月間のリハビリテーションによって、T字杖と短下肢装具とを用いて平地での歩行が可能となったが、階段昇降や入浴には介助を要する。会話の理解は良好で状況判断も適切だが、言語表出が困難である。会社勤めの夫と二人暮らしで、日中は一人になる。家屋は持ち家だが、屋内に段差が多く、トイレは和式である。
  • 退院準備として適切なのはどれか。2つ選べ。


  • a. 家屋改造を指導する。
  • b. 介護保険の申請を勧める。
  • c. 障害者自立支援医療の利用を勧める。
  • d. 自宅介護のために夫に退職を勧める。
  • e. 療養病床を有する病院への転院を勧める。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G039]←[国試_103]→[103G041

"http://meddic.jp/103G040" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡