101H009

出典: meddic

  • 75歳の男性。肺炎のために7日前に入院し、抗菌薬で治療、軽快してきていたが、昨夜から下痢が始まった。排便回数5行/夜。便は淡黄色、水様性である。血液の混入はない。意識は清明。身長168cm、体重65kg。脈拍96/分、整。血圧112/80mmHg。皮膚はやや乾燥している。腹部は平坦で、圧痛、反跳痛および筋性防御は認めない。血液所見:赤血球414万、Hb14.5g/dl、Ht45%、白血球10,600。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.4g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチ二ン1.1mg/dl。CRP3.0mg/dl。早朝の水様便の鏡検で、グラム陽性球菌が多数認められる。病室の状況を以下に示す。
  • 院内感染対策上、消毒の観点から注目すべき場所はどれか。2つ選べ。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤



[正答]
※国試ナビ4※ 101H008]←[国試_101]→[101H010

"http://meddic.jp/101H009" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡