101A055

出典: meddic

  • 3か月の乳児。発熱チアノーゼとを主訴に来院した。1か月前から肺炎として治療されていたが、軽快しないため紹介された。体温38.5℃。呼吸数38/分。栄養状態は不良である。血液所見:白血球22,000(桿状核好中球20%、分葉核好中球33%、単球9%、リンパ球38%)。血清生化学所見:IgG1,730mg/dl(基準280~700)、IgA60mg/dl(基準10~60)、IgM198mg/dl(基準30~120)。CRP4.0mg/dl。白血球のNBT還元試験/nitroblue tetrazolium還元試験は陰性。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • この疾患について正しいのはどれか。2つ選べ。


  • a. 女児に多い。
  • b. ウイルス感染が重症化する。
  • c. 胸腺の形成不全がある。
  • d. 肉芽腫を形成する。
  • e. 白血球の殺菌能が欠損している。



[正答]
※国試ナビ4※ 101A054]←[国試_101]→[101A056

"http://meddic.jp/101A055" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡