100F016

出典: meddic

  • 45歳の女性。発熱、咳および呼吸困難を主訴に来院した。子供の夏休みに合わせて、築30年の木造家屋から引越するため、押入れの整理を行ったところ、夕方から、発熱、咳および呼吸困難が出現した。意識は清明。体温38.2℃。呼吸数20/分。脈拍92/分、整。血圧110/68mmHg。両肺野にfine cracklesを聴取する。血液所見:赤沈40mm/1時間、赤血球410万、Hb14.1g/dl、Ht42%、白血球14,200(桿状核好中球16%、分葉核好中球65%、好酸球2%、単球3%、リンパ球14%)。胸部エックス線写真で両側性にびまん性散布性粒状影を認める。抗菌薬の投与を受けたが、症状の改善はない。この疾患で誤っているのはどれか。
  • a. 拘束性換気障害を認める。
  • b. 発症にはlgE抗体が関与する。
  • c. カビの反復吸入が原因である。
  • d. 副腎皮質ステロイド薬を投与する。
  • e. 気管支肺胞洗浄液中のリンパ球が増加する。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F015]←[国試_100]→[100F017

"http://meddic.jp/100F016" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡