099G027

出典: meddic

  • 45歳の女性。1か月前から倦怠感が出現したため来院した。飲酒歴なし。身長153cm、体重68kg。肝・脾を触知しない。血清生化学所見:総コレステロール230mg/dl、トリグリセライド140mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST85単位、ALT130単位、アルカリホスファターゼ27単位(基準260以下)、γ-GTP85単位(基準8~50)。免疫学所見:HBs抗原陰性、HCV抗体陰性、抗核抗体陰性、抗ミトコンドリア抗体陰性。腹部超音波写真を以下に示す。この疾患について正しいのはどれか。
  • a. 薬物では起こらない。
  • b. 糖尿病に合併しやすい。
  • c. 肝硬変に高率に移行する。
  • d. 肝細胞癌は合併しない。
  • e. 副腎皮質ステロイド薬が有効である。



[正答]
※国試ナビ4※ 099G026]←[国試_099]→[099G028

"http://meddic.jp/099G027" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡