098I040

出典: meddic

  • 1か月の乳児。けいれんを主訴に救急車で搬入された。
  • 在胎40週、出生体重3,400g、正常分娩で出生した。新生児仮死はなく、完全母乳栄養で育てられた。前日の夜から不機嫌となり、吐乳を認めた。易刺激性があり、来院日の朝に右半身の強直性、次いで間代性けいれんを認めた。入院後の採血で、穿刺部から血液がにじみ出て止血困難であった。
  • この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
  • a. プロトロンビン時間(PT)の延長
  • b. 血小板数の低下
  • c. 出血時間の延長
  • d. PIVKA-IIの増加
  • e. フィブリノゲンの低下
[正答]


※国試ナビ4※ 098I039]←[国試_098]→[098I041

"http://meddic.jp/098I040" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡