098D032

出典: meddic

  • 52歳の女性。労作時息切れのため来院した。
  • 1か月前から息切れを自覚し、最近では駅の階段を昇るのが困難になった。48歳から糖尿病でインスリン治療を受けている。
  • 意識は清明。体温36.2℃。脈拍104/分、整。眼瞼結膜は蒼白で眼球結膜に黄染は認めない。下腿に浮腫を認める。血液所見:赤血球230万、Hb7.1g/dl、Ht22%、網赤血球1‰、白血球4,000、血小板17万。
  • 血清生化学所見:総ビリルビン0.8mg/dl、LDH350単位(基準176~353)、Fe180μg/dl(基準80~160)、フェリチン220 ng/ml(基準20~120)。
  • 骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • この患者の治療として最も適切なのはどれか。




[正答]
※国試ナビ4※ 098D031]←[国試_098]→[098D033

"http://meddic.jp/098D032" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡