098D015

出典: meddic

  • 34歳の男性。発熱、咳および喀痰を訴えて来院した。小児期から喘息発作を繰り返している。2週前から38.0℃の発熱があり、咳と少量の膿性痰とを伴っている。胸部聴診で右肺にwheezesを聴取する。血液所見:白血球21,000(好中球28%、好酸球52%、単球5%、リンパ球15%)。血清生化学所見:IgG 1,450mg/dl(基準960~1,960)、IgM352mg/dl(基準65~350)、IgE662IU/ml(基準250以下)。Aspergillus fumigatusに対する血清沈降抗体陽性。喀出された気管支の鋳型様の栓子からAspergillus fumigatusが分離された。胸部エックス線写真で右中肺野に浸潤影を認める。最も適切な治療法はどれか。
  • a. 経口副腎皮質ステロイド薬投与
  • b. 吸入副腎皮質ステロイド薬投与
  • c. 経口抗真菌薬投与
  • d. 抗真菌薬の気管内注入
  • e. 吸入気管支拡張薬投与
[正答]


※国試ナビ4※ 098D014]←[国試_098]→[098D016

"http://meddic.jp/098D015" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡