097H069

出典: meddic

  • a. 弁膜症と先天性心疾患とに発症しやすい。
  • b. 起因菌の同定には1回の動脈血培養で十分である。
  • c. 黄色ブドウ球菌が主な起因菌である。
  • d. 広いスペクトルの抗菌薬で治療する。
  • e. 弁虎贅は大きさにかかわらず外科手術の絶対適応となる。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H068]←[国試_097]→[097H070

"http://meddic.jp/097H069" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡