097D052

出典: meddic

  • 32歳の男性。視力低下を主訴に来院した。18歳、大学入学時の健康診断で尿糖陽性を指摘されたが自覚症状がないため放置した。最近、視力低下が出現したため眼科を受診し、増殖前糖尿病網膜症と診断され内科受診も勧められた。父に糖尿病がある。身長168cm、体重82㎏。脈拍84/分、整。血圧186/94mmHg。尿所見:蛋白3+、糖2+。血清生化学所見:空腹時血糖168mg/dl、HbA1c8.2%(基準4.3~5.8)、総蛋白6.8g/dl、尿素窒素42mg/dl、クレアチニン1.6mg/dl。この患者について正しいのはどれか。
  • (1) 若年発症の2型糖尿病と考えられる。
  • (2) 早期腎症期の糖尿病性腎症である。
  • (3) 直ちに運動療法を実行させる。
  • (4) 強化インスリン療法を開始する。
  • (5) レーザー光凝固療法の適応がある。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097D051]←[国試_097]→[097D053

"http://meddic.jp/097D052" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡