096D033

出典: meddic

  • 38歳の男性。6か月前から徐々に進行する動悸と息切れとのため来院した。
  • 体格栄養中等度。脈拍90/分、整。血圧128/76 mmHg。四肢に数個の紫斑を認める。頚部リンパ節腫大はない。眼瞼結膜は貧血様であるが、眼球結膜に黄疸はない。胸部所見に異常はなく、腹部は平坦、軟で肝・脾を触知しない。
  • 血液所見:赤血球198万、Hb6.8g/dl、Ht22%、白血球2,300、血小板4.5万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、AST(GOT)45単位(基準40以下)、ALT(GPT)30単位(基準35以下)、LDH770単位(基準176~353)。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • この病態について誤っているのはどれか。
  • a. 高齢者に多い。
  • b. 無効造血がある。
  • c. 染色体異常がみられる。
  • d. 急性白血病への移行がある。
  • e. 分化誘導療法の有効性が高い。



[正答]
※国試ナビ4※ 096D032]←[国試_096]→[096D034

"http://meddic.jp/096D033" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡