095G005

出典: meddic

  • 10歳の男児。母親が相談に来院した。正常分娩で運動発達は正常で「賢そうな子供」とよくほめられた。3歳ころにいくつかの発語があったが3か月で消えてしまった。同じころ、ナンパープレートの数字を覚えて積木で並べることがあった。またよく迷子になり、全く泣かないので見つけるのが大変だった。現在、かん高い声でオウム返しをしたりする。数字と難しい漢字とを覚えるのが得意で、電話帳をボロポロになるまで絶えずながめている。強い偏食があり、食べるものは10種類ほどに限られている。この疾患について誤っているのはどれか。
  • a. 罹患率は男児に高い。
  • b. 発作性脳波異常を認めることが多い。
  • c. 学習能力は正常に保たれる。
  • d. 多動を伴うことが多い。
  • e. 認知発達障害と考えられている。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G004]←[国試_095]→[095G006

"http://meddic.jp/095G005" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡