黄色ワセリン

出典: meddic

yellow petrolatum, yellow soft paraffin
vaselinum flavum
ワセリン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 塗擦接種用BCGワクチンの基劑の撰擇に關する動物實驗 : 親水軟膏, ダマリンA, 黄色ワセリン, ラノリン
  • 梅村 芳宏 [他],松井 省五,中村 舜吾,斎藤 秀夫,松井 哲郎,山中 豊麿
  • 弘前醫學 9(3), 596-606,*83, 1958-09
  • NAID 110004771873

関連リンク

ワセリンの白色と黄色 ワセリンは原油を精製して製造します。1800年代、ワセリンがはじめて商用利用された頃は、精製技術も現在ほど洗練されておらず、純粋な炭化水素ではなく若干の 硫黄など不純物 を含むワセリンが主流でした。
ドラッグストアでおなじみの「ヴァセリン」が黄色ワセリンの代表格。初めて使ったのがヴァセリンという人は多いのではないでしょうか。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 軟膏基剤

販売名

黄色ワセリン

効能または効果

用途

  • 軟膏基剤として調剤に用いる。
    また、皮膚保護剤として用いる。


★リンクテーブル★
リンク元軟膏基剤
関連記事リン」「セリン」「ワセリン」「黄色

軟膏基剤」

  [★]

ointment base

商品


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



ワセリン」

  [★]

petrolate, petrolatum, vaseline, petroleum jelly, mineral jelly
vaselinum
マルザルベV
白色ワセリン親水ワセリン


黄色」

  [★]

yellowxanthicxantho




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡