黄体期維持療法

出典: meddic

黄体維持療法

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

黄体機能不全 受精卵の着床にとても重要な時期である黄体期についてここでは解説してゆきます。卵胞期に卵胞が発育→排卵→その後黄体期に黄体が形成され→それが維持される。この流れは、受精卵の着床と妊娠初期の維持にとても ...
漢方薬 周期療法 漢方による周期療法とは、からだに優しく、より自然な方法として最も注目を浴びている不妊治療です。 ... 周期療法とは? 簡単に言えば、月経のサイクルによって服用する漢方薬を変える治療法です。 周期療法とは ...

関連画像

 療法) 妊娠力をパワーアップ④高温期(黄体期):補陽薬で リズミカルボディ(R)からだの夏 自然な妊娠・出産をサポート 自然な妊娠・出産をサポート


★リンクテーブル★
先読み黄体維持療法
関連記事黄体」「黄体期」「維持」「」「療法

黄体維持療法」

  [★]

luteal support, luteal phase support???
黄体


黄体」

  [★]

yellow body
corpus luteum(Z), (pl.)corpora lutea


概念

NGY 11,17改変
  • 排卵後、卵胞の裂孔が血液で満たされ赤体となった後に血液が吸収され、リポイド色素によって肉眼的に黄色に見える黄体が形成される。排卵後1-4ないし2-3日で形成される。組織的には卵胞の顆粒膜細胞内莢膜細胞が黄体化ホルモンの作用を受けて大型化した顆粒膜ルテイン細胞と比較的小さめの莢膜ルテイン細胞にそれぞれ変化した細胞から構成される。

分類

  • 月経黄体:妊娠しない場合に形成され、約12日間持続した後に退縮し白体となる
  • 妊娠黄体:妊娠が成立した場合に形成され、黄体機能は妊娠10~12週がピークとなり、出産後に退縮して白体となる。

機能

  • エストロゲンとプロゲステロンを分泌する。



黄体期」

  [★]

luteal phase
periodus luteinica
卵胞期


体温 低温相 高温相
卵巣周期 増殖期 分泌期
内膜周期 卵胞期 黄体期



維持」

  [★]

maintenanceretentionmaintainholdkeepsustain
持続貯留続く続ける保持率保定保持持つ保つ抱える整備


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡