麻酔深度

出典: meddic

anesthetic depth


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラリンジアルマスク,プロポフォールtarget-controlled infusion(TCI)および軟性気管支鏡にて気管ステントを留置した1例
  • 仲田 庄志
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 34(2), 154-158, 2012-03-25
  • … ステント留置は,標準的な治療である.留置するステントの種類により,麻酔法(全身麻酔か吸入麻酔,静脈麻酔)や気道確保の仕方は各施設により様々な方法で行われている.今回プロポフォールTCIにより適切な麻酔深度を維持,ラリンジアルマスクを挿入し,軟性気管支鏡で気道ステントを留置した.症例.82歳女性で,食道癌の再発による喀血で受診した.精査で,腫瘍は声帯下4cmから5cm長にわたり気管膜様部を圧排,最狭窄部は5mm …
  • NAID 110009437397
  • 術中言語機能検査システム IEMASの開発と臨床への適用
  • 櫻井 康雄,村垣 善浩,岡田 芳和 [他],南部 恭二郎,伊関 洋,櫻井 康雄,村垣 善浩,岡田 芳和,南部 恭二郎,伊関 洋
  • 東京女子医科大学雑誌 81(1), 32-40, 2011-02-25
  • … IEMASにより、手術チームは、提示された検査タスク、応答する患者の顔、麻酔深度、術野映像と手術ナビゲーション装置上での刺激場所を簡便に確認できる。 …
  • NAID 110008426934
  • 麻酔深度のポイント6 (特集 麻酔科医の動きを読む!心を読む! 全身麻酔における術中管理の確認ポイント56)
  • 長谷川 愼一
  • オペナーシング 25(11), 1216-1221, 2010-11
  • NAID 40017348088

関連リンク

これはほぼ、神経組織内での分圧に比例するとされ、麻酔深度を調節する重要な指標と なる。実際の測定には、呼気終末濃度がほぼ肺胞内濃度と等しいためこれが用い られる。同じ濃度の吸入麻酔薬を用いるなら、心拍出量は少ない方が肺胞内濃度は 上昇し ...
しかし術後鎮痛が問題であり、麻酔科医は現在試行錯誤の段階である。基本的には 術中はバイタルサインと手術の進行を見ながら、麻酔の深度が適切であるのか、鎮静、 鎮痛は十分か、出血量はどうか、輸液の量や尿量は適切か、といったところを考え ながら ...

関連画像

麻酔 の 経過 図 麻酔 の 深度 患者の覚醒 麻酔の深度と麻酔 疾病の成り立ちと回復の促進  の全身麻酔の深度別臨床兆候日々是闘日~ナースマンたかと 麻酔 深度 は 充分 です 152


★リンクテーブル★
関連記事麻酔」「深度」「

麻酔」

  [★]

anesthesia
麻酔機、術前準備


全身麻酔

1. Semi-rapid induction (成人の場合の基本)

  • (a) モニター装着,静脈確保.
  • (b) propofol( 2 mg/kg )remifentanil( 0.5 μg/kg/min )で入眠.
  • (c) rocuronium( 0.6 mg/kg )で筋弛緩.
  • (d) 100%酸素でBag & Mask
  • (e) 麻酔が深くなったら気管挿管.

目的別の麻酔方法

  • 心臓手術:on-pump CAB, off-pump CAB
  • 肺手術:一側肺換気
  • 産科麻酔:筋弛緩薬以外は胎盤を通過すると考えて良いと思われる。硬膜外麻酔でオピオイドを投与するのは分娩後。
  • 帝王切開術:脊髄くも膜下麻酔 

参考

  • 1. 研修医用のマニュアル - 神戸大学大学院医学系研究科 外科系講座 麻酔科学分野
http://www.med.kobe-u.ac.jp/anes/manual.html
  • 2. 麻酔科レジデントマニュアル 麻酔応用編 筑波大学附属病院麻酔科 2011 年ver.1.4
[display]http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/anesthesiology/tsukuba_new_anesthesiology/pdf/manual3advanced110325.pdf



深度」

  [★]

depth
深さ奥行き


度」

  [★]

degree
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡