鰓弓動脈

出典: meddic

branchial arch artery, pharyngeal arch artery
鰓弓



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腕頭動脈に起始する左総頸動脈の一例
  • 小萱 康徳,久保 金弥,佐藤 和彦,清水 永守,岩久 文彦
  • 岐阜歯科学会雑誌 34(1), 5-8, 2007-06
  • 2006年度朝日大学歯学部の解剖実習で用いた80才男性解剖体において,左総頸動脈が直接腕頭動脈から起始する例を認めた.腕頭動脈から起こる左総頸動脈は大動脈弓の分枝の変異の一つで、その出現率は約10%である.大動脈弓の枝の由来とこの変異について,発生学的な考察を加えた.
  • NAID 110006991172
  • 右腕頭動脈の消失例--食道後性右鎖骨下動脈 (第110回日本解剖学会総会・全国学術集会 学生セッション発表論文集)
  • 花田 徳大,温城 太郎,影山 優美子 [他]
  • 解剖学雑誌 80(-), 9-11, 2005-09
  • NAID 40007004054

関連リンク

非対称な臓器形成に必要な遺伝子、Pitx2を欠損すると、第6鰓弓動脈のリモデリングがランダムになり(左、右、あるいは両側が残る)、大動脈弓のアーチが異常になります(図2)。 正常では、Pitx2の働きにより、心臓から ...
鰓弓性器官と咽頭弓性器官 鰓弓とは 鰓(えら)は、多細胞化した生命が大型化するために比較的早く現れた器官で、水中の酸素を効率よく取り入れるため呼吸器としてに発達しました。しかし、一部の動物では海水をろ過する際 ...
2 2 各鰓弓の要素(軟骨・筋&神経・動脈)の予定運命 <軟骨> ・鰓弓(下顎弓) 下顎突起に含まれる軟骨をベセォャ軟骨という。ベセォャ軟骨は背方部の2部 分を残して退化、消失する。その残った2部分からゼス骨とゥツシ骨が ...

関連画像

図4:左側第6鰓弓動脈を結紮  鰓弓動脈の遠位部の動脈管の図2:鰓弓動脈のリモデリング 鰓弓動脈に由来する動脈発生初期において静脈


★リンクテーブル★
関連記事鰓弓」「動脈

鰓弓」

  [★]

branchial arch
咽頭弓 pharyngeal arch
鰓嚢咽頭嚢


first aid step1 2006 p.122
  • 鰓弓由来の構造とその神経支配.xls
# 鰓弓 神経 骨格 動脈*
1 顎弓(上顎隆起下顎隆起) CN V
三叉神経: 上顎枝、下顎枝(第一鰓弓の筋を支配)
咀嚼筋(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋)、顎舌骨筋顎二腹筋前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋 上顎突起(顎前骨上顎骨頬骨側頭骨の一部)、メッケル軟骨(下顎骨キヌタ骨ツチ骨、前ツチ骨靱帯、蝶下顎靱帯) 消失し一部残存(顎動脈)
2 舌骨弓 CN VII
顔面神経
顔面表情筋(頬筋耳介筋前頭筋広頚筋口輪筋および眼輪筋)、顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋アブミ骨筋 アブミ骨茎状突起、茎突舌骨靱帯、舌骨小角と舌骨体の上部 消失し一部残存(舌骨動脈、アブミ骨動脈)
3   CN IX
舌咽神経
茎突咽頭筋 舌骨大角と舌骨体の下部 総頚動脈、内頚動脈の基部。外頚動脈が出芽
4   CN X
迷走神経
輪状甲状筋口蓋帆挙筋 喉頭軟骨(甲状軟骨輪状軟骨披裂軟骨小角軟骨、および楔状軟骨 大動脈弓の一部
5 上喉頭神経(第四鰓弓支配神経) 咽頭収縮筋 消失
6 反回神経(下喉頭神経)(第六鰓弓支配神経) 喉頭内の筋 動脈管と肺動脈の基部





動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡