高グロブリン血症

出典: meddic

hyperglobulinemia, hyperimmunoglobulinemia
グロブリン過剰血症
単クローン性免疫グロブリン血症



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ネパール東部地方の水牛にみられるデグナラ病の臨床・血液学的所見(短報)(臨床病理学)
  • HOKONOHARA Setsuo,SINGH Upendra M.,JHA Vijay C.,PRADHAN Adarsha,DEV Sadanand,MANDAR Ram K.
  • The journal of veterinary medical science 65(6), 719-722, 2003-06-25
  • … ネパール東部地方で,水牛に披行,浮腫,蹄や尾の壊痕性損傷,別種,横臥を示し死亡する「デグナラ」病が発生した.臨床的に,シラミの体毛への産卵,徐脈,低体温,脱水,皮膚の発疹や黄痘がみられた.血液学的には,桿状好中球の増加,巨大血小板,低アルブミン血症と高グロブリン血症が特徴的であった.ギムザ染色後の鏡検下で,赤血球表面に青色の微細粒子を認めた.発生初期のテトラサイクリン療法が効果を示した. …
  • NAID 110003886244
  • ポリエチレングリコール間接抗グロブリン試験(PEG-IAT)における高グロブリン血症による血球凝集false negative現象
  • 渡部 和也,竹内 千華子,横田 睦子,山口 富子,安田 広康,大戸 斉,吉田 詠子,青木 義政
  • 日本輸血学会雑誌 48(4), 342-349, 2002-08-01
  • NAID 10010139770
  • 胸腺上皮性腫瘍の全国アンケート報告
  • 近藤 和也,門田 康正
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 15(6), 633-642, 2001-09-15
  • … 性優位であるが,胸腺癌,胸腺カルチノイドは男性優位である.胸腺癌の患者は胸腺腫に比べて有意に年齢が高い傾向を認めた.胸腺種における合併症の頻度は,重症筋無力症は24.7%,赤芽球癆は2.6%,低または高グロブリン血症は0.65%であった.胸腺腫の約70%が臨床病期IまたはIIであったが,胸腺癌では約90%が臨床療期IIIまたはIVであった.胸腺上皮生腫瘍の治療は外科切除が中心であるが,胸腺肺I期:5.6%,II期:43.5%,III期:74.4%,Iva期:73.1%,I …
  • NAID 110001269869

関連リンク

高グロブリン血症は様々な原因でみられる血液検査所見であり、その原疾患により治療 法 は多岐にわたる。このため高グロブリン血症が起こっている原因を明らかにすること が必要で あり、その鑑別診断の重要性があげられる。今回は高グロブリン血症を呈する ...

関連画像

きたわよ… およびでしょ バレー 高 グロブリン 血 症 の 性高γグロブリン血症の違い クローン性高γグロブリン血症 骨髄腫(高γ-グロブリン血症高γ-グロブリン血症性紫斑


★リンクテーブル★
先読み単クローン性免疫グロブリン血症
リンク元グロブリン過剰血症」「hyperimmunoglobulinemia」「hyperglobulinemia
拡張検索高グロブリン血症性紫斑
関連記事グロブリン」「リン」「」「ロブ

単クローン性免疫グロブリン血症」

  [★]

monoclonal gammopathy MG
単クローン性高免疫グロブリン血症 monoclonal hyperimmunoglobulinemia単クローン性高ガンマグロブリン血症 単クローン性高γグロブリン血症 monoclonal hypergammaglobulinemiaM蛋白血症 M proteinemia
高γグロブリン血症
  • 080626 免疫学

Clasification WCH.2566

  • monoclonal gammopathy of undetermined significance
  • benign(IgG, IgA, IgD, IgM, and, rarely, free light chains)
  • associated with neoplasms of cell types not known to produce M-proteins
  • biclonal gammopathy
  • idiopathic Nence Jones proteinuria
  • malignant monoclonal gammopathies
  • overt multiple myeloma
  • smoldering multiple myeloma
  • plasma cell leukemia
  • nonsecretory myeloma
  • IgD myeloma
  • POEMS: polyneuropathy, organomegaly, endocrinopathy, monoclonal protein, skin changes (osteosclerotic myeloma)
  • solitary plsmacytoma of bone
  • extramedullary plamacytoma
  • malignant lymphoproliferative disorders
  • heavy chain diseases
  • γ heary chain disease
  • α heary chain disease
  • μ heary chain disease
  • amyloidosis
  • primary amyloidosis
  • with multiple myeloma (secondary, localized, and familial amyloidosis with no M-protein)

frequency WCH.2567

  • monoclonal gammopathy of underteermined significance: 62%
  • multiple myeloma: 16%
  • amyloidosis: 8%
  • lymphoproliferative: 3%
  • smoldering multiple myeloma: 4%
  • solitary or extramedullary: 1%
  • Walderstrom maroglobulinemia: 3%
  • other: 3%


グロブリン過剰血症」

  [★]

hyperglobulinemiahyperimmunoglobulinemia
高ガンマグロブリン血症高グロブリン血症


hyperimmunoglobulinemia」

  [★]

高グロブリン血症グロブリン過剰血症

hypergammaglobulinemiahyperglobulinemia


hyperglobulinemia」

  [★] 高グロブリン血症グロブリン過剰血症

hyperimmunoglobulinemia


高グロブリン血症性紫斑」

  [★]

hyperglobulinemic purpura, hyperglobulinemia purpura?
高グロブリン血症
  • 高グロブリン血症が原因となる紫斑


グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡