骨髄検査

出典: meddic

bone marrow examination



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/23 20:37:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Entecavirとdasatinibを併用し,安全に治療継続し得たHBVキャリアの新規発症慢性骨髄性白血病慢性期
  • 武井 寿史,Takei Hisashi,三井 健揮,Mitsui Takeki,佐藤 成,Sato Naru,斉藤 明生,Saito Akio,星野 匠臣,Hoshino Takumi,小磯 博美,Koiso Hiromi,滝沢 牧子,Takizawa Makiko,横濱 章彦,Yokohama Akihiko,斉藤 貴之,Saito Takayuki,塚本 憲史,Tsukamoto Norifumi,村上 博和,Murakami Hirokazu,半田 寛,Handa Hiroshi,野島 美久,Nojima Yoshihisa
  • The Kitakanto medical journal = 北関東医学 64(1), 51-55, 2014-02-01
  • … 血液検査, 骨髄検査から慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP) と診断した. …
  • NAID 120005372529
  • 日本検査血液学会と認定血液検査技師 (第8回日本臨床検査学教育学会学術大会) -- (シンポジウム 認定技師の現在と未来)
  • 東 克巳
  • 臨床検査学教育 : 日本臨床検査学教育学会機関誌 6(1), 70-74, 2014
  • NAID 40019997822
  • Entecavirとdasatinibを併用し,安全に治療継続し得たHBVキャリアの新規発症慢性骨髄性白血病慢性期
  • 武井 寿史,三井 健揮,佐藤 成,斉藤 明生,星野 匠臣,小磯 博美,滝沢 牧子,横濱 章彦,斉藤 貴之,塚本 憲史,村上 博和,半田 寛,野島 美久
  • 北関東医学 64(1), 51-55, 2014
  • … 血液検査, 骨髄検査から慢性骨髄性白血病慢性期 (CML-CP) と診断した. …
  • NAID 130003393789

関連リンク

血液の血球成分は骨髄でつくられています。骨髄はカルシウムなどでできた骨の中心部の空洞(髄腔)を満たしている赤いドロドロした組織です。この骨髄に針を刺して採取することを骨髄穿刺といい、その組織を調べる検査を、骨髄 ...
血液は骨髄でつくられます。そのため、血液に関する疾患の疑いがあるときは、骨髄検査が行われます。この検査のやり方や、医学的な情報が足りないときはこちらで質問すれば答えが得られるかもしれません。
骨髄穿刺 骨髄穿刺の概要 骨髄液(骨髄血)を採取し骨髄塗末標本を作り、骨髄液内の細胞の形態学的観察を行う。 あるいは、細胞免疫学的マーカーや遺伝子検査も行うこともある。 骨髄穿刺の方法 施設・術者によるが、穿刺を行う ...

関連画像

骨髄検査 の種類 ~骨髄腫細胞の検査骨髄検査骨髄検査の画像-p1_5-S : :骨髄検査骨髄検査


★リンクテーブル★
国試過去問107D032」「102F018
関連記事骨髄」「検査

107D032」

  [★]

  • 58歳の女性。1か月前からの労作時の呼吸困難を主訴に来院した。2年前に健康診断で心電図異常を指摘されていたが、そのままにしていた。脈拍68/分、不整。血圧108/62mmHg。III音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。両下~に浮腫を認めない。頸部リンパ節を触知しない。皮膚に異常を認めない。血液生化学所見では血清ACEの上昇がみられる。胸部エックス線写真で両側の肺門リンパ節が腫大している。心電図(別冊No.13A)と心エコー図(別冊No.13B、C)とを別に示す。
  • 診断に有用な検査はどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 107D031]←[国試_107]→[107D033

102F018」

  [★]

  • 8か月の乳児。発熱を主訴に来院した。抗菌薬を服用しているが、4日間39℃台の熱が続いている。鼻汁、咳嗽、発疹および下痢は認めない。機嫌は不良であるが、水分の摂取はできている。白血球12,200。CRP3.2mg/dl。まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102F017]←[国試_102]→[102F019

骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡