骨格筋ポンプ

出典: meddic

skeletal muscle ventricle, skeletal muscle cell pump
心筋骨格筋形成術 cardiomyoplasty広背筋心筋補助 cardiomyoplasty latissimus dorsi muscle
  • 切除した広背筋で心臓を取り巻き心収縮を補助させる方法とその組織


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 単心室に対する電気的トレーニング後の骨格筋ポンプ(skeletal muscle ventricle : SMV)を用いた完全右心バイパス手術の実験的検討
  • 松村 洋高,森田 紀代造,木ノ内 勝士
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 32(2), 64-68, 2003-03-15
  • 骨格筋ポンプ(skeletal muscle ventricle : SMV)を用いた右心バイパスモデルの肺循環代行の可能性について検討した.対象はビーグル犬5頭(体重9.8±0.7kg).左側広背筋を用いてSMVを作製し,8週間のpreconditioning後,人工心肺下に右房-SMV-肺動脈の右心バイパスルートを作製し,胸背神経に高頻度hurst刺激を与え,SMVを駆動し,大動脈圧(AoP),肺動脈圧(PAP),中心静脈圧(CVP),動脈血流量(PA flow)を測定した.SMV駆動によりCVPは17±1.4mmHgから13.5±0,7mmHgに有 …
  • NAID 110003992815
  • PD4-5 Fontan非適応複雑心奇形に対する段階的アプローチの臨床的意義と骨格筋ポンプによるDynamic Fontan手術
  • 森田 紀代造,黒澤 博身,小柳 勝司,田中 圭,長沼 宏邦,松村 洋高,川田 典靖,井上 天宏,木ノ内 勝士
  • 日本外科学会雑誌 102(臨時増刊), 53, 2001-03-10
  • NAID 110003942284

関連リンク

毎日1分!楽しく見て学べるサイエンス!このブログでは気になる科学情報を調べてやさしく解説!科学がわかります。 ... 木星 (もののはじめblog) 拠って立つところ (ちりばかりなる こととおもへど) これからのエネルギー&原発の未来 ...
2 INNERVISION (27・3) 2012 現代社会における 骨格筋の重要性 筋組織は,その構造と収縮特性の違 いによって,骨格筋,心筋,平滑筋の 3種類に分類される。なかでも,骨格筋 は体重の40~45%を占めており,人体 の中で最大の組織 ...

関連画像

に カルシウムイオンポンプ 10-2-2005-p120-fig1①骨格筋ポンプカルシウムポンプ蛋白質の 足がむくむ理由id:tsunepi:20121024150439p:image


★リンクテーブル★
先読みcardiomyoplasty
リンク元広背筋心筋補助」「心筋骨格筋形成術
関連記事骨格筋」「骨格

cardiomyoplasty」

  [★]

広背筋心筋補助」

  [★]

cardiomyoplasty latissimus dorsi muscle
骨格筋ポンプ


心筋骨格筋形成術」

  [★]

cardiomyoplasty
骨格筋ポンプ


骨格筋」

  [★]

skeletal muscle (K)
musculus skeleti
横紋筋 striated muscle
心筋平滑筋


種類

骨格筋の筋収縮

  • 1. 運動神経末端に活動電位が伝わると、神経末端周辺に局在する電位依存性Ca2+チャネルが開き、神経細胞内にCa2+が流入する。
  • 2. 神経細胞内のCa2+濃度が上昇すると、シナプス顆粒が開口分泌され、神経伝達物質であるアセチルコリンがシナプス間隙に放出される。
  • 3. アセチルコリンはシナプス間隙を経て筋細胞膜上のアセチルコリン受容体に結合する。
  • 4. アセチルコリン受容体は陽イオンチャネルであり、一時的に陽イオンを透過させ、筋細胞膜を脱分極する。
  • 5. アセチルコリンはアセチルコリンエステラーゼによりコリンに分解されて、神経細胞に取り込まれる。
  • 6. 筋細胞で局所的な脱分極が起こると、周辺の電位依存性Na+チャネルが開き、脱分極が筋細胞全体に広がる。
  • 7. 脱分極はT細管に伝わり、T細管に存在する電位依存性のタンパク質の構造を変化させ、筋小胞体の特殊な構造である終末槽上のCa2+放出チャネルを開く。
  • 8. 筋小胞体中のCa2+が細胞質に拡散する。
  • 9. ここで、筋収縮に関わるアクチンフィラメントにトロポミオシンとトロポニンが結合し、収縮開始を妨げているが、Ca2+がトロポニンに結合すると、トロポミオシンがアクチンフィラメント上で場所を変える。
  • 10. この結果、トロポミオシンが覆い隠していたアクチンフィラメントのミオシン結合部位が露出する。
  • 11. ミオシンはATPの加水分解のエネルギーを使って、アクチンフィラメントに結合できる構造をとり、アクチンに結合する。
  • 12. ミオシンがアクチンフィラメントで首振り運動をすることで筋収縮が起こる。



骨格」

  [★]

skeleton
骨格系




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡