飢餓萎縮

出典: meddic

starvation atrophy

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 飢餓萎縮の恢復に関する実験病理学的研究
  • 関谷 正夫
  • 名古屋市立大學醫學會雜誌 4(2), 110-129, 1953-08-01
  • NAID 110008089463
  • 飢餓萎縮に關する實驗病理學的研究補遺(其の3)
  • 林 活次
  • 名古屋市立大學醫學會雜誌 2(3), 93-98, 1951-11-01
  • NAID 110008114762

関連リンク

2005年12月22日 ... 萎縮・肥大とその具体例に関する組合せである。正しいのはどれか。 (1)飢餓萎縮 - 長期臥床時の骨格筋萎縮(2)内分泌性肥大 - 巨人症(3)神経性萎縮 - 胸腺の萎縮( 4)代償性肥大 - 進行性筋ジストロフィー(5)圧迫萎縮 - 特発性 ...
2007年5月27日 ... ⑤萎縮の分類 萎縮とは、いったん正常に発達・分化した臓器や組織が、何らかの原因 で小さくなることをいう。飢餓や消化管の障害により栄養不足となって、全身性に萎縮が 生じることを飢餓萎縮という。長い間寝たきりになっていたために骨格 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事萎縮」「飢餓

萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia


飢餓」

  [★]

starvation, inanition, hunger
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡