顎前骨

出典: meddic

()

 骨口蓋の前端の正中部は、胎生期には切歯骨という独立した1対の小骨で形成されており、これは生後に上顎骨と癒合してしまう。切歯骨は多くの脊椎動物ではpremaxillaとして終生独立している。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

手術 手術室で全身麻酔をかけます。麻酔をかけた後、患者さんは 眠った状態になるので手術に伴う痛みを感じません。 口の中の粘膜を切開(切ること)します。 あごの骨を切って移動させ、プレートとネジなどでとめます。
顎関節の構造と動き 顎関節症のタイプや原因について理解しやすいように、顎関節の構造と働きについて簡単にみておきましょう。 顎関節の構造 顎関節は左右に一つずつあり、頭の骨のくぼみに、下顎の骨の突き出た部分がはまり ...

関連画像

Korean Plastic Surgery (31 pics)Veins of the head and neck. (External Plan of branches of internal maxillary 顎顔面外科 料金顎 ・ あご 短縮(水平骨切り gob smacking plastic surgery before and


★リンクテーブル★
リンク元鰓弓
関連記事

鰓弓」

  [★]

branchial arch
咽頭弓 pharyngeal arch
鰓嚢咽頭嚢


first aid step1 2006 p.122
  • 鰓弓由来の構造とその神経支配.xls
# 鰓弓 神経 骨格 動脈*
1 顎弓(上顎隆起下顎隆起) CN V
三叉神経: 上顎枝、下顎枝(第一鰓弓の筋を支配)
咀嚼筋(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋)、顎舌骨筋顎二腹筋前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋 上顎突起(顎前骨上顎骨頬骨側頭骨の一部)、メッケル軟骨(下顎骨キヌタ骨ツチ骨、前ツチ骨靱帯、蝶下顎靱帯) 消失し一部残存(顎動脈)
2 舌骨弓 CN VII
顔面神経
顔面表情筋(頬筋耳介筋前頭筋広頚筋口輪筋および眼輪筋)、顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋アブミ骨筋 アブミ骨茎状突起、茎突舌骨靱帯、舌骨小角と舌骨体の上部 消失し一部残存(舌骨動脈、アブミ骨動脈)
3   CN IX
舌咽神経
茎突咽頭筋 舌骨大角と舌骨体の下部 総頚動脈、内頚動脈の基部。外頚動脈が出芽
4   CN X
迷走神経
輪状甲状筋口蓋帆挙筋 喉頭軟骨(甲状軟骨輪状軟骨披裂軟骨小角軟骨、および楔状軟骨 大動脈弓の一部
5 上喉頭神経(第四鰓弓支配神経) 咽頭収縮筋 消失
6 反回神経(下喉頭神経)(第六鰓弓支配神経) 喉頭内の筋 動脈管と肺動脈の基部





骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡