顆粒層黄体細胞

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 排卵誘発刺激後イエウサギ卵巣内リシパ管の電子顕微鏡的研究
  • 大槻 勝紀,前田 洋一,植木 実,杉本 修,鈎 スミ子
  • 日本産科婦人科學會雜誌 39(1), 106-112, 1987-01-01
  • … hCG投与3日後より、毛細リンパ管は卵胞膜黄体細胞間にのみ観察されたが、それ以後も顆粒層黄体細胞間には認められなかった。 …
  • NAID 110002119359
  • ニホンカモシカ妊娠黄体の退縮過程に関する組織学的観察
  • 伊藤 良央,喜多 功,千葉 敏郎,杉村 誠
  • 岐阜大学農学部研究報告 49, 273-282, 1984-12-15
  • … 観察項目は,黄体の最大断面積,正常黄体細胞の分布密度,顆粒層黄体細胞の形態学的変化および黄体内小動脈の分布密度とし,これらの変化と胎子体長との関係について,形態学的および計量的観察を試みた。 … また顆粒層黄体細胞をその変性の度に応じて,7 stages (0, I, II,・・・・・IV)に区分した場合,胎子体長の増加につれて,それぞれのstageの出現頻度はstage O優勢から漸次stage VI優勢へと推移した。 …
  • NAID 110000976455

関連リンク

顆粒層黄体細胞と卵胞膜黄体細胞 卵胞の壁を作っていた細胞のうち、内側の顆粒層の細胞が、その後の卵巣の主な細胞となる。顆粒層の細胞から変化してできた黄体細胞を 顆粒層黄体細胞? という。顆粒層の外側の 内卵胞膜?
卵胞構成細胞(顆粒層細胞と卵胞膜細胞)の分化転換機構 哺乳動物の卵巣内にはたくさんの卵胞が存在します。しかし,これらの卵胞の中から排卵可能な卵胞まで発育した卵胞だけが,黄体形成ホルモン(LH)の一過性の分泌 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事黄体」「顆粒」「顆粒層」「細胞

黄体」

  [★]

yellow body
corpus luteum(Z), (pl.)corpora lutea


概念

NGY 11,17改変
  • 排卵後、卵胞の裂孔が血液で満たされ赤体となった後に血液が吸収され、リポイド色素によって肉眼的に黄色に見える黄体が形成される。排卵後1-4ないし2-3日で形成される。組織的には卵胞の顆粒膜細胞内莢膜細胞が黄体化ホルモンの作用を受けて大型化した顆粒膜ルテイン細胞と比較的小さめの莢膜ルテイン細胞にそれぞれ変化した細胞から構成される。

分類

  • 月経黄体:妊娠しない場合に形成され、約12日間持続した後に退縮し白体となる
  • 妊娠黄体:妊娠が成立した場合に形成され、黄体機能は妊娠10~12週がピークとなり、出産後に退縮して白体となる。

機能

  • エストロゲンとプロゲステロンを分泌する。


顆粒」

  [★]

granule



血液細胞の顆粒

一次顆粒

  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

特殊顆粒

  • 好酸性顆粒
  • 好塩基性顆粒
  • 好塩基性
  • メチレン青→紫
  • 好塩基球
  • 好中性顆粒
  • 好中性
  • 好中球

顆粒層」

  [★]

granular layer
stratum granulosum
皮膚


皮膚

卵胞

granular layer
stratum granulosum
顆粒膜


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡