頭位変換眼振

出典: meddic



positioning nystagmus m

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • めまいとの鑑別
  • 城倉 健
  • 日本内科学会雑誌 98(6), 1255-1262, 2009-06-10
  • NAID 10024934976
  • 良性発作性頭位めまい症の頭位, 頭位変換眼振の見方
  • 今井 貴夫
  • 耳鼻咽喉科臨床 101(11), 882-883, 2008-11-01
  • NAID 10024430074

関連リンク

立ち直り検査(姿勢の変化を元に戻す働きは充分ですか): 偏倚検査(体の動きがどちら かに偏ってませんか): 重心動揺検査(体の揺れを数値できちんとみてみよう): 注視眼振 ・頭位眼振・頭位変換眼振検査(異常な眼の動きがでていませんか): 温度眼振検査( ...

関連画像

頭位変換 眼振誘発なし術中モニタリング図:頭位変換眼振記録 頭位めまい症(BPPV)の病態カテーテルアブレーション治療眼振検査機器


★リンクテーブル★
国試過去問104E055」「105I008
リンク元positional nystagmus
関連記事眼振」「変換」「頭位

104E055」

  [★]

  • 62歳の女性。回転性めまいを主訴に来院した。3日前に美容院で洗髪のため仰臥位懸垂頭位になった時に突然、回転性めまいが出現した。回転性めまいは十数秒で消失した。難聴や耳鳴りはなく、嘔気もなかった。その後、就寝時の寝返りで同様の回転性めまいが生じた。意識は清明。体温36.0℃。脈拍80/分、整。血圧136/82mmHg。純音聴力検査で異常を認めない。頭部単純MRIで異常を認めない。頭位眼振頭位変換眼振所見(別冊No.11)を別に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E054]←[国試_104]→[104E056

105I008」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105I007]←[国試_105]→[105I009

positional nystagmus」

  [★]


頭位変換眼振


眼振」

  [★]

nystagmus
眼球振盪眼球振盪症
共同眼振律動眼振病的眼振反跳眼振陥没眼振輻輳眼振、注視眼振

概念

  • 眼球の不随意的往復運動
  • 眼振には眼球が緩徐に動く緩徐相と急速に動く急速相からなる。
  • 急速相の方向が眼振の方向である。

分類




変換」

  [★]

conversiontransformationconverttransform
がん化癌化形質転換転換トランスフォームトランスフォーメーション変える転向者形質変換


頭位」

  [★]

cephalic presentation of fetus






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡