非定型骨髄腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿中にM蛋白を証明した両側脳幹部の出血性梗塞で死亡した非定型骨髄腫の1剖検例 (脳血管障害)
  • 尿中にM蛋自を証明し両側脳幹部の出血性梗塞で死亡した非定型骨髄腫の1剖検例
  • 中道 静郎,幸田 正久,三上 贇磨,伊藤 文也,謝 福山,工藤 陽子,鎌田 義正
  • 医療 33(7), 690-694, 1979
  • … 当症例は血清中にM蛋白を認めず非定型骨髄腫と思われる. …
  • NAID 130004312650

関連リンク

定型的骨髄腫 血清あるいは尿中のM蛋白量が多く、骨髄中の骨 髄腫細胞も多く、経過とともに増加していきます。無症候性骨髄腫(indolent myeloma) 無症状で、血清中のM蛋白量も多くありません。貧血もあったとしても軽度です 2~3 ...
非定型慢性骨髄性白血病 Atypical chronic myelocytic leukemia: aCML 3.若年性骨髄単球性白血病 Juvenile myelomonocytic leukemia: JMML 4.分類不能型 unclassified MDS/MPN 慢性骨髄単球性白血病 (CMML) 若年性骨髄 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事骨髄腫」「骨髄」「」「非定型」「定型

骨髄腫」

  [★]

myeloma
ミエローマ
multiple myeloma


概念

  • 1. 骨髄中に形質細胞が腫瘍性に増加する造血器腫瘍

疫学

  • 60歳以上の高齢者に多く、40歳以下では稀。
  • 男性に多く、好発年齢は50-70歳代。

症状

  • 全身倦怠感、腰痛など

ISS病期分類

  • これまで骨髄腫の病期分類にはDurie&Salmonの病期分類が使用されてきたが、Ⅰ期とⅡ期に統計学的有意差を認めなかったため、ISSの病期分類が提唱された。病期と生存期間は相関が認められ、余後の予測に有効である。分類はβ2MG量とAlb量によって決まる。

stage1 血清β2MG<3.5mg/lかつ
血清Alb≧3.5g/dl
stage2 1,3以外(血清β2MG :3.5<,<5.5もしくは血清β2MG<3.5かつAlb<3.5)
stage3 血清β2MG≧5.5mg/l



骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


非定型」

  [★]

atypical
異型非定型性非定型的


定型」

  [★]

typical
定型的典型典型的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡