静脈瘤形成

出典: meddic

varication
下肢静脈瘤

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膵頭十二指腸切除術後の門脈狭窄に対し門脈内ステント留置術を行った1例
  • 安田 祥浩,加藤 文昭,鈴木 芳明,尾形 高士,高木 眞人,寿美 哲生,青木 利明,佐口 徹,土田 明彦,青木 達哉
  • 日本消化器外科学会雑誌 39(12), 1834-1838, 2006-12-01
  • … 部CTを施行したところ,門脈が狭窄していた.下血は術後38日目に認めなくなった.下血との関係は明らかではなく,門脈圧亢進症状も認めなかったが,血管造影検査にて肝動脈の狭窄も認めたため,肝不全および静脈瘤形成による消化管出血予防のため門脈内ステント留置術を行った.ステント留置4か月後の腹部CTでは血栓や再狭窄を認めず,6か月後の腹部ドプラー超音波検査では門脈血流良好であった.ステント留置後8か月が …
  • NAID 110004863601

関連リンク

足(=下肢)の静脈が太く浮き出ているものを「下肢静脈瘤」といいます。 たくさん静脈瘤 ができていても全く症状のない人もいますが、静脈瘤ができると、「足がむくむ、だるい、 重い、痛む、ほてる」などの症状が出やすくなります。 足の筋肉がつる、いわゆる「 ...

関連画像

静脈瘤が形成され怒張した静脈 5mmの皮膚切開を静脈瘤上に まつだクリニック|下肢静脈瘤脾静脈→下腸間膜静脈→静脈瘤 まつだクリニック|下肢静脈瘤下肢静脈瘤の症状|下肢静脈瘤

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み下肢静脈瘤
関連記事形成」「静脈」「静脈瘤

下肢静脈瘤」

  [★]

varicose vein of lower extremity
末梢静脈疾患一次性静脈瘤 primary varicose vein

疫学

  • 中高年の女性に多い。

分類

徴候

  • 立位で大腿下部から下腿に多数の怒張・屈曲した静脈瘤を触知する
  • 慢性化した例では皮膚の色素沈脈、難治性潰瘍が認められる。

症状

身体診察

  • 下肢の静脈弁における不全の有無と部位を特定するための検査。

検査

  • 造影CT
  • 超音波エコー

治療

  • 生活指導
  • 就寝時下肢挙上
  • 内科的治療:
  • 弾性ストッキング、包帯。
  • 血栓摘除術、血栓溶解術:発症7日以内
  • 手術療法:一次性のものが適応。
  • 静脈瘤抜去術
  • stripping法


国試


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。



静脈瘤」

  [★]

varix, varicosity varicose vein






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡