電気受容器

出典: meddic

electroreceptor

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • [招待講演] 生物の磁気センシング
  • 野島 秀雄
  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 97(144), 27-32, 1997-06-27
  • さまざまな生物が示す磁気センシングの機構について、現在までに得られている知見をまとめ解説する。生物の磁気センシング機構として、現時点では、以下の3つの機構が有望と思われる。1)電磁誘導によって磁気を電場に変換し、電気の受容器でセンシングする。2)生体内に存在する磁性粒子(生物磁石)により、磁気をセンシングする。3)光で生成された網膜中の分子の励起状態によって、磁気をセンシングする。
  • NAID 110003300603
  • [招待講演] 生物の磁気センシング
  • 野島 秀雄
  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料 97(143), 27-32, 1997-06-27
  • さまざまな生物が示す磁気センシングの機構について、現在までに得られている知見をまとめ解説する。生物の磁気センシング機構として、現時点では、以下の3つの機構が有望と思われる。1)電磁誘導によって磁気を電場に変換し、電気の受容器でセンシングする。2)生体内に存在する磁性粒子(生物磁石)により、磁気をセンシングする。3)光で生成された網膜中の分子の励起状態によって、磁気をセンシングする。
  • NAID 110003198870
  • 生物の磁気センシング
  • 野島 秀雄
  • 電気学会研究会資料. CS, 化学センサシステム研究会 1997(24), 27-32, 1997-06-27
  • NAID 10019058628

関連リンク

日本大百科全書(ニッポニカ) - 電気受容器の用語解説 - 微弱な電流をときに受容するように分化した(適刺激とする)受容器をいう。魚類についてよく知られていたが、両生類や、哺乳(ほにゅう)類のカモノハシにも発見された。板鰓 ...
電気を捉えるために特殊化した感覚器は体中の皮膚に無数に存在しており、「電気受容器」と呼ばれます。 電気受容器には2つの機能があります。一つは環境の様子をさぐる「電気定位」(electrolocation)です。下図のよう に付近に物体 ...

関連画像

ギンザメ 電 気受 容器 が あ り この下の写真では、頭部を開いた 電 気受 容器 を 持つ 弱 発電  機械・電気受容器が存在する 電 気受 容器 が あります この


★リンクテーブル★
関連記事受容器」「容器」「受容」「電気

受容器」

  [★]

receptor
神経線維の分類


受容体の分類

  外受容器 内受容器
接触性受容器 遠隔受容器 固有受容器 内蔵受容器
機械受容器 皮膚感覚(触圧覚聴覚 平衡感覚深部感覚(運動覚位置覚) 臓器感覚
侵害受容器 皮膚感覚(痛覚)   深部痛覚 内臓痛覚
光受容器   視覚    
化学受容器 味覚 嗅覚   (頚動脈洞反射)
温度受容器 皮膚感覚(温冷覚)     (体温調節反射)


容器」

  [★]

containervesselchamber
血管チェンバーチャンバチャンバー導管道管


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



電気」

  [★]

electricityelectroelectric
エレクトロ電気的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡