隔絶抗原

出典: meddic

sequesteredantigen
隔離抗原


sequestered antigen

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

第一は、「隔絶抗原」である。隔絶抗原とは、免疫系の接触を受けることなく発生し. てき た臓器の自己抗原のことである。免疫系の働きが完成するのは生後まもなくである。 この時期に、 もし体内にその抗原が存在しなかったり、隔離されていたりすれば、発展 途.
(2)無視(イグノランス):隔絶抗原の場合. 本来生体内には自己抗原に応答するT細胞 やB細胞が少なからず存在することが知られているが、これらの細胞は本来反応する 抗原の存在する場所から隔離されている場合や(例えば脳血流関門などによる中枢 神経系 ...

関連画像

このうち、Ⅰ~Ⅲを即時型、Ⅳ fig9免疫複合体の血管壁への沈着⑧自己免疫図2:バヌアツの位置図. 結核菌感染に対する細胞


★リンクテーブル★
リンク元自己抗原
関連記事抗原」「隔絶」「

自己抗原」

  [★]

autoantigen, self-antigen
自己抗体隔絶抗原


抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


隔絶」

  [★]

sequestrationsequesterinaccessible
壊死巣分離隔離捕捉近づきづらい

原」

  [★]

proto
プロト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡