陣痛促進法

出典: meddic


和文文献

  • 分娩誘発・促進に関するインフォームド・コンセント (今月の臨床 分娩誘発と陣痛促進法の見直し : 安全な分娩管理を目指して)
  • 東 美和,関沢 明彦,市塚 清健 [他]
  • 臨床婦人科産科 66(2), 179-183, 2012-02
  • NAID 40019203489
  • 帝王切開への方針変更のタイミング (今月の臨床 分娩誘発と陣痛促進法の見直し : 安全な分娩管理を目指して)
  • 吉田 敦,増? 英明
  • 臨床婦人科産科 66(2), 173-178, 2012-02
  • NAID 40019203482

関連リンク

陣痛促進の方法教えて! 予定日過ぎたけど陣痛来ないのですが、できれば薬を使わないで自然に陣痛が来ればよいと思ってるので、なにか陣痛を促す方法何か知ってますか?噂で、つぼを押したり、Hな気分になったりすると来ると ...
自然な陣痛促進法 - 病院や産婦人科の出産時の陣痛促進剤の種類などを解説。気になる副作用についても説明します。子宮口が十分に開いていない場合などに陣痛誘発・促進剤を使用し過ぎると、胎児が危険になったり(胎児仮死) する ...

関連画像

ISBN 978-4-88364-238-0陣痛を促進される方法陣痛促進のお散歩にてイメージ 1前のページに戻る午前10時


★リンクテーブル★
関連記事陣痛」「促進」「」「陣痛促進

陣痛」

  [★]

labor pains
dolores partus
分娩時期


周期

G10M.188
  • 子宮の開大度によって異なる
  • 子宮口開大度4-6cmで陣痛周期は3分、子宮口全開大で2分程度。

分娩開始

  • 陣痛の頻度が1時間に6回以上(間隔が10分以内)で、規則的な場合

分類

正常な陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm 40mmHg 3分 70秒
7-8cm 45mmHg 2分30秒 70秒
9-10cm 50mmHg 2分 60秒

微弱陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≦10mmHg ≧6分30秒 ≦40秒
7-8cm ≦10mmHg ≧6分 ≦40秒
9-10cm ≦40mmHg ≧4分(初産婦)
≧3分30秒(経産婦)
≦30秒

過強陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≧70mmHg ≦1分30秒 ≧2分
7-8cm ≧80mmHg ≦1分 ≧2分
9-10cm ≧55mmHg ≦1分 ≧1分30秒

参考

  • 1. 〔産科医としての基礎知識〕子宮収縮の評価(臨床) - 日産婦誌51巻5号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/51/9905-119.pdf



促進」

  [★]

facilitationpromotionaccelerationfacilitatepromoteacceleratehastenexpeditefurther
急ぐ加速亢進昇位促通さらに加速度速めるそれ以上昇進


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


陣痛促進」

  [★]

stimulation of the labor pains




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡