院内感染対策

出典: meddic

[[]]
院内感染防止対策
院内感染
  • 全職員を対象とした手洗いの励行
  • 疫学調査に基づく感染対策
  • 院内感染対策チーム(ICT)、院内感染サーベイランス、抗菌薬の適正使用
  • 院内感染対策チーム(ICT):
  • 抗菌薬の適正使用:日本感染症学会・日本化学療法学会による「抗菌薬適正使用ガイドライン」

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多剤耐性菌の院内感染対策の実際 (特集 多剤耐性菌を巡る諸問題)
  • 院内感染対策の現状 : 病棟・外来環境の整備 (特集 平成25年度逓信医学年次大会シンポジウム)
  • 大上 英夫,老子 善康,堂川 嘉久 [他]
  • 逓信医学 66(1), 3-7, 2014-03
  • NAID 40020056963
  • 院内感染対策における基本的な考え方 (特集 それでいいの? 歯科医院の洗浄・消毒・滅菌)

関連リンク

Hospital Infection Society(HIS:病院感染学会:ロンドンに本部を置く世界をリードする感染制御学の学会)のオフィシャル情報誌。医療関連感染(院内感染)、それに関わるオリジナル研究論文を掲載・発行
厚生労働省院感染対策サーベイランスJANISは、参加医療機関の院内感染対策における薬剤耐性菌の感染発生動向調査、対策支援・助成、細菌検出状況や薬剤感受性パターンの動向把握、新規耐性菌早期発見などを目的としています。

関連画像

 院内感染対策 (その1:総論対策委員会」「院内感染対策  |院内感染予防対策のページ 院内感染対策について(改正のき歯科医院 院内感染防止対策 院内感染対策室紹介


★リンクテーブル★
国試過去問102B046」「101C048
拡張検索院内感染対策担当者」「院内感染対策委員会」「院内感染対策マニュアル
関連記事院内感染」「感染」「院内

102B046」

  [★]

  • ある病院において院内感染対策を強化することとした。院内感染症対策委員会 ICCの下に感染制御チーム ICTを立ち上げた。ICTは病院職員の手洗いを標準予防策に則ったものとする教育をまず行うこととした。手洗いの手順を以下に示す。
  • 手洗いの手順で最後に行うのはどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤


[正答]
※国試ナビ4※ 102B045]←[国試_102]→[102B047

101C048」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか
[正答]


※国試ナビ4※ 101C047]←[国試_101]→[101C049

院内感染対策担当者」

  [★]

院内感染対策院内感染医療法施行規則
  • 院内感染対策を行うもの。
  • 医療法施行規則 第9条の二十三の定めるところにより、特定機能病院では院内感染対策専任者が義務づけられた。
  • 感染症法により、第一種感染症指定医療機関では院内感染対策専任者が義務づけられた。

参考

  • 1.
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0113-6c.html

院内感染対策委員会」

  [★]

ICC
医療法施行規則、院内感染対策チーム ICT
  • 医療法施行規則に基づいて設置される院内感染対策のための委員会。
  • 院内感染に関わる最終的な意志決定機関
  • 業務としては、院内感染対策マニュアルの作成・更新、感染症サーベイランス、院内感染が発生した場合の「危機」に対応できる体制作り、衛生管理と職員教育

院内感染対策マニュアル」

  [★]

参考

  • 1.
[display]http://www.nih-janis.jp/material/material/Ver_5.0%E6%9C%AC%E6%96%87070904.pdf


院内感染」

  [★]

nosocomial
hospital infection, hospital-acquired infection, nosocomial infection
病院感染
院内感染対策院内感染症院内感染サーベイランスcatheter-related infections


院内感染による感染症

  • 尿路感染(最多、40%を占める)、術創部感染症、肺炎、血管内カテーテル感染症、敗血症、腸炎

眼科領域における院内感染



感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




院内」

  [★]

nosocomialin-hospitalin-house
社内室内




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡