開脚歩行

出典: meddic


和文文献

  • 特発性正常圧水頭症の診断と治療
  • 石川 正恒
  • 日本内科学会雑誌 100(12), 3640-3648, 2011-12-10
  • … ャント術で症状の改善が得られる症候群である.急速に高齢化の進む我が国において,本症候群の正確な診断と適切な治療は患者の自立向上と介護負担軽減の観点から社会的にも重要なテーマである.2011年の改訂ガイドラインでは,典型例では,小刻み・すり足・開脚歩行といった歩行障害を有し,かつ,脳室拡大に加えて高位円蓋部狭小化とシルビウス裂開大を示す特徴的な画像所見を認めることを記載している. …
  • NAID 10030391057
  • Four cases of bilateral loss of labyrinthine function.
  • 池田 元久,武藤 二郎,渡辺 〓,石津 靖
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 90(7), 1030-1041, 1987
  • NAID 130000808556

関連リンク

両足を開き(開脚性歩行)酔っぱらった様に全身動揺させる、小脳性の場合ロンベルグ徴候なし 小脳、前庭神経障害 脊髄小脳変性症(オリーブ橋小脳萎縮症、皮質性小脳萎縮症、遺伝性脊髄小脳変性症)、ウェルニッケ脳症、前庭 ...
歩行障害・認知症・尿失禁のうち、通常最初に認められる症状は歩行障害です。本人の自覚症状には「歩くときのバランスが悪くなった」「方向転換でクラッとする」「階段で足元が怖い」などがあります。 iNPHの患者さんの ...
特徴的な症状は次の3つです。「歩行障害の症状」 ・小刻み歩行(小股でよちよち歩く) ・開脚歩行(少し足が開き気味で歩く) ・すり足歩行(足が上がらない状態) ・不安定で転倒することがある・第一歩が出ない(歩きだせない)

関連画像

カエラ・ティッカー ///また伝達効率の改善は 運動・歩行器具・座椅子 | 美容  大きく振り上げて歩行します


★リンクテーブル★
国試過去問106I061
関連記事歩行

106I061」

  [★]

  • 77歳の男性。1年前から緩徐に進行する歩行困難尿失禁とを主訴に来院した。軽度の開脚歩行である。その他の身体診察所見に異常を認めない。頭部MRIのT2強調冠状断像(別冊No. 15)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I060]←[国試_106]→[106I062

歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡