鎖骨骨折

出典: meddic

clavicle fracturefracture of claviclefractured collar bone, fracture of the clavicle




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/04 13:43:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鎖骨骨折 (特集 拡大版 新人ナースのために先輩ナースが贈る 超わかりやすい 整形外科疾患ノート : 上肢・脊椎編)
  • 整形外科看護 : 整形外科ナースの知識と実践力アップをサポートする 19(4), 358-360, 2014-04
  • NAID 40020053605
  • 肋骨固定用プレートにより早期人工呼吸器離脱したフレイルチェストの1例
  • 大島 康史,飯塚 亮二,市川 哲也,岡田 遥平,小田 和正,榊原 謙,石井 亘,檜垣 聡,日下部 虎夫
  • 日本外傷学会雑誌 28(4), 332-335, 2014
  • …  症例は69歳,女性,自宅で転倒し,外傷性くも膜下出血,左鎖骨骨折,左外傷性血気胸,左第2〜10肋骨骨折を伴ったフレイルチェストを受傷した.左第3肋骨の遊離骨片が不安定で胸腔内に突出し,肺損傷の合併の可能性が高いため,外科的治療を施行した.術翌日に人工呼吸器から離脱し,治療期間中に肺炎の発症も認めなかった. …
  • NAID 130004699763
  • 鎖骨骨折に対する低出力超音波パルスLIPUSの効果 (シンポジウム 低出力超音波パルス(LIPUS)による骨折治療 : 基礎と臨床における最近の話題) -- (新鮮骨折への臨床応用)

関連リンク

鎖骨骨折. スポーツによる骨折の中で、 比較的多く遭遇する骨折に「鎖骨骨折」が あります。 これはラグビーや、アメフトなどのコンタクトスポーツや、 転倒など ... 外見上 は下の写真のように骨折している右の鎖骨は、腫れなどで骨の形状が分かりにくくなり ます。
鎖骨を骨折したときの体験に基づき、入院、手術、治療、費用等について紹介しています 。

関連画像

鎖骨 遠 位 端 骨折 は 骨折 の bgm は これ でこの 図 を 見て ください 肩 へ 鎖骨 骨折自転車仲間鎖骨骨折。その後。鎖骨 を 折って から どれ


★リンクテーブル★
国試過去問096H003
リンク元clavicle fracture」「fracture of clavicle」「fractured collar bone
関連記事骨折」「鎖骨

096H003」

  [★]

  • 児の分娩損傷が最も多いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H002]←[国試_096]→[096H004

clavicle fracture」

  [★]

  • 鎖骨骨折
fracture of claviclefractured collar bone


fracture of clavicle」

  [★]

  • 鎖骨骨折
clavicle fracturefractured collar bone


fractured collar bone」

  [★]

  • 鎖骨骨折
clavicle fracturefracture of clavicle


骨折」

  [★]

fracture

高齢者における骨折の好発部位

参考1

多い

  • 上腕骨頚部:転倒して手を伸ばしてついた、直接方外側を打った場合に外科頚骨折しやすい。特に高齢者、特に女性に多い。
  • 橈骨遠位部:コーレス骨折(Colles骨折)は10歳前後の小児と骨粗鬆症を有する老人に多い。
  • 椎骨(椎体圧迫骨折):骨粗鬆症を生じている女性に多い。
  • 大腿骨頚部

やや多い

  • 肋骨
  • 上腕骨遠位部
  • 坐骨?
  • 大腿骨遠位部
  • 脛骨近位部
  • 脛骨位部

小児の骨折

小児骨折

骨折による骨癒合しにくい部位

血流が乏しいことによる
  • 大腿骨頚部内側骨折、手根骨舟状骨骨折、脛骨中下1/3骨折、距骨骨折

骨折による出血量

SOR.631
  • 開放骨折の場合には2倍の出血量が予想される。
骨盤骨折 1000-5000ml
大腿骨骨折 500-1000ml
脛骨骨折 500ml
上腕骨骨折 350ml

診察

  • 1. 皮下骨折/開放骨折
  • 2. 血管損傷の有無
  • 3. 末梢神経損傷の有無
  • 4. 軟部組織の損傷
  • 5. 受傷部位周辺臓器の損傷
  • 6. 受傷後の時間経過

参考

  • 1. 高齢者の転倒障害
http://www.biomech.mech.nagoya-u.ac.jp/iplweb/impact_bio/pdf/1st/Harada.pdf




鎖骨」

  [★]

clavicle, collar bone collarbone
clavicula



  • 頭蓋骨の大部分と同様に、膜性骨化により作られる。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡