鎖骨上神経

出典: meddic

supraclaviclar nerve (M), supraclavicular nerves
nervi supraclaviculares
上肢の皮神経


由来

支配

  • 鎖骨表層と大胸筋の上外側面

走行

  • 鎖骨表層を通過し、広頚筋のすぐ深層を通り、鎖骨表層と大胸筋の上外側面に至る


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鎖骨上神経の分枝が鎖骨を貫通することにより生じた絞扼性神経障害の1例
  • 石井 賢,関 美世香,中山 新太郎,西澤 隆,高畑 武司,池田 彬
  • 関東整形災害外科学会雑誌 28(6), 523-526, 1997-12-01
  • NAID 10004933008
  • 副上外側上腕皮神経(肩甲上神経の皮枝)と異常な鎖骨上神経
  • 堀江 正司
  • 岡山医学会雑誌 104(1-2), 57-62, 1992
  • A well-duveloped nervous branch supplying the upper lateral cutanea of the arm, which arose from the suprascapular nerve, ran beneath the acromio-clavicular joint and pentrated the deltoid muscle, is …
  • NAID 120002308403

関連リンク

図6:鎖骨下動脈(A)を示す第1肋骨レベルの鎖骨上部矢状断面図:鎖骨下動脈の後上部の低密度結節構造は腕神経叢の分岐を表わしている(矢印) AS:前斜角筋、MS:中斜角筋、P:肋膜、R:第1肋骨、SCM:胸鎖乳突筋 出典 ...
鎖骨上神経 ・支配: 頚部下部から胸部上部の皮膚 ・走行: 第3,4頚神経から起こり、胸鎖乳突筋の後縁から現れて分岐する。 主に内側枝、中間枝、外側枝に分けられる。 後頸三角を通り、鎖骨のあたりで、広頚筋と筋膜を貫通して ...
鎖骨上ブロックでは高率に神経内注入(神経外膜内注入)が発生しているかもしれないという議論があります. Quantitative architecture of the brachial plexus and surrounding compartments, and their possible significance for plexus ...

関連画像

鎖骨 上 神経鎖骨 上 神経図1:鎖骨上アプローチの 監修者註: 濃度に関しては患者 正面 背面 前方斜め 後方斜め鎖骨下動脈の画像 p1_29


★リンクテーブル★
先読み上肢の皮神経
リンク元頚神経叢」「肩鎖関節
拡張検索内側鎖骨上神経」「外側鎖骨上神経
関連記事神経」「鎖骨

上肢の皮神経」

  [★]

皮神経
# 神経 由来
1 肋間上腕神経 intercostobrachial nerve T2
2 内側上腕皮神経 medial cutaneous nerve of arm 内側神経束
3 内側前腕皮神経 medial cutaneous nerve of forearm 内側神経束
4 上外側上腕皮神経 superior lateral cutaneous nerve of arm 腋窩神経
5 下外側上腕皮神経 inferior lateral cutaneous nerve of arm 橈骨神経
6 外側前腕皮神経 lateral cutaneous nerve of forearm 筋皮神経
7 後上腕皮神経 posterior cutaneous nerve of arm 橈骨神経
8 後前腕皮神経 posterior cutaneous nerve of forearm 橈骨神経

分布の目安

  腹側 背側
外側 内側
上腕上部 4 1  
上腕下部 5 2 7
前腕 6 3 8


頚神経叢」

  [★]

cervical plexus
頚神経

皮枝

頚神経叢

前枝 皮枝 小後頭神経      
大耳介神経      
頚横神経      
鎖骨上神経      
筋枝 横隔神経    
オトガイ舌骨筋 C1+(C2+C3)    
甲状舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨甲状筋 C1+(C2+C3)    
肩甲舌骨筋 C1+(C2+C3)    
  C1 C2 C3 C4 C5
後枝 皮枝 後頭下神経        
大後頭神経        
第三後頭神経        
筋枝 固有背筋  


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


肩鎖関節」

  [★]

acromioclavicular joint (M,K)
上肢帯
  • 図:M.444
  • 関節円板が介在 (M.442)
  • 滑膜性関節

血液 (M.444)

神経 (M.444)

解剖

  • 関節円板をもつ
  • 肩鎖靭帯により包まれている

臨床関連

  • 肩鎖靭帯脱臼



内側鎖骨上神経」

  [★]

medial supraclavicular nerve
内側前鎖骨上神経
胸鎖関節鎖骨上神経頚神経叢
  • 図:N.249


外側鎖骨上神経」

  [★]

lateral supraclavicular nerve
nervus supraclavicularis lateralis
外側後鎖骨上神経


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


鎖骨」

  [★]

clavicle, collar bone collarbone
clavicula



  • 頭蓋骨の大部分と同様に、膜性骨化により作られる。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡