鉄結合蛋白質

出典: meddic

iron-binding protein, IBP
鉄結合能総鉄結合能トランスフェリン



和文文献

  • Brachyspira属5菌種に対する抗血清と交叉反応するBrachyspira alvinipulli中の105-kDa蛋白質の診断への応用の可能性(細菌学)
  • 阿部 由紀子,足立 吉數
  • The journal of veterinary medical science 66(7), 773-778, s-iv, 2004-07-25
  • … hyodysenteriaeのペリプラスム・鉄結合蛋白質BitCと50%相同性を示した. …
  • NAID 110003960137
  • 乳酸菌における酸素分子の利用と毒性
  • 山本 裕司,神尾 好是
  • 蛋白質核酸酵素 46(6), 726-732, 2001-05
  • NAID 40002333807
  • 鉄結合蛋白質トランスフェリンとその受容体--発現制御機構と臨床応用
  • 高後 裕,加藤 淳二,近藤 仁
  • 蛋白質核酸酵素 37(1), p26-36, 1992-01
  • NAID 40002331927

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 鉄タンパク質の用語解説 - 一般にはイオンとしてよりも,化合物としてタンパク質等に結合している場合が多い。鉄を含むタンパク質は総称して鉄タンパク質と呼ばれるが,ヘム基(ポルフィリン環に鉄が配 ...
雪印メグミルクは、「乳を科学した新しい価値」を生み出すために、長年にわたり乳を研究しつづけています。 毎日、効率よく摂取したい「鉄」。 鉄結合タンパク質として知られ、私たちの健康にさまざまな役割を果たす ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みトランスフェリン」「総鉄結合能」「鉄結合能」「iron-binding protein
リンク元IBP
関連記事蛋白質」「結合」「白質」「結合蛋白」「結合蛋白質

トランスフェリン」

  [★]

transferrin, Tf
シデロフィリン siderophilin
TIBCUIBC


概念

  • 肝臓で合成される
  • β1グロブリン分画

*糖タンパク質

  • 80kDa
  • Fe3+を2分子結合できる
  • 通常、トランスフェリンの鉄の飽和度は1/3程度 (SP.499)
  • 基準値:190-320 mg/dl (臨床検査法提要第32版)
  • 生体防御機構の一つとして機能する。ラクトフェリンと同様に鉄を結合して外来生物の増殖を妨げる。

Tf飽和率(%Tf)

基準値

  • 190-320 mg/dL (CRM470)

判定

  • トランスフェリン高値
鉄欠乏性貧血妊娠避妊薬投与、タンパク同化ホルモン投与
鉄欠乏性貧血:代償性
  • トランスフェリン低値
肝臓でのトランスフェリン合成が低下する病態で産生低下。

国試

  • 慢性炎症が持続している病態では血清のFe, UIBC, TIBCがいずれも低下する
  • 慢性炎症下では網内系に鉄が取り込まれて血清鉄が減少する。またTIBCの減少によりUIBCも減少。


総鉄結合能」

  [★]

total iron binding capacity, TIBC
鉄結合能貧血, UIBC

概念

  • 血液中で鉄はトランスフェリンと結合して運搬されるが、そのトランスフェリンが結合可能な鉄の総量。

基準値

臨床検査法提要第32版
  • 262-452 ug/dL 血清
HIM.A-6
  • 251-406 ug/dL 血清


鉄結合能」

  [★]

iron-binding capacity, IBC
総鉄結合能 TIBC不飽和鉄結合能 UIBC



iron-binding protein」

  [★]


IBP」

  [★] 鉄結合蛋白質 iron-binding protein

蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。


結合蛋白」

  [★]

binding protein
結合タンパク質結合タンパク結合蛋白質

結合蛋白質」

  [★]

binding protein
結合タンパク質結合タンパク結合蛋白




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡