重症度分類

出典: meddic

classification of severity

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝硬変,肝不全への対処 (特集 肝臓病診療のアップデート)
  • 佐原 圭,小岡 洋平,遠藤 龍人 [他]
  • 診断と治療 102(11), 1667-1674, 2014-11
  • NAID 40020262031
  • 教育講演 CKDの臨床疫学 (第111回日本内科学会講演会(2014年)未来の医療を創造する内科学)
  • 井関 邦敏
  • 日本内科学会雑誌 103(9), 2242-2246, 2014-09-10
  • NAID 40020213006
  • 小児急性中耳炎診療ガイドライン : 追加・変更内容とスコアリングによる重症度分類 (特集 小児急性中耳炎診療 : 開業医的ガイドラインの使い方)

関連リンク

dl.med.or.jp
ファイザー株式会社による、パーキンソン病の患者さんとご家族のための情報サイトです。パーキンソン病の症状の程度をあらわす「ヤールの重症度分類」についてご説明しております。病気の重さや治療の成果をみるための指標と ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元フォレスター分類
拡張検索Hoehn-Yahr重症度分類
関連記事重症」「分類

フォレスター分類」

  [★]

Forrester classification
Forrester分類
重症度分類心不全心係数肺動脈楔入圧


治療薬と予後

  • I群
  • 不整脈の管理 → 鎮痛薬(モルヒネ)、β遮断薬
  • 死亡率:5%
  • II群
  • 肺うっ血が見られたが利尿薬(循環血流量↓)、血管拡張薬(血液の末梢への移動)
  • 死亡率:10%
  • III群
  • 補液をし、効果不十分あらカテコラミン、ペーシングを行う。
  • 死亡率:約25%以下
  • IV群
  • カテコラミン、ジギタリス、血管拡張薬、利尿薬、抵抗性の場合にはIABPなどで強力な振捕縄を行う。
  • 死亡率:約50%以下


Hoehn-Yahr重症度分類」

  [★] ホーン・ヤール分類


重症」

  [★]

severe diseasesevere
重篤苛酷激しい重度


分類」

  [★]

taxonomy, classification





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡