重層扁平上皮

出典: meddic

()


stratified squamous epithelium


stratified squamous epithelium

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮膚バリアとランゲルハンス細胞の動態
  • 久保 亮治
  • 日本臨床免疫学会会誌 34(2), 76-84, 2011
  • …   生命にとって自己と外界を区切るバリア構造を持つことは,生体内部のホメオスターシスを保ち,生命活動を維持するために必須である.我々の身体の表面,すなわち皮膚の最外層では重層扁平上皮のシート(表皮)とその表面を覆う角質層がバリアとして働いている.上皮細胞シートにおいては,細胞自体を物質が通過しようとする場合(transcellular pathway)は細胞膜がバリアとして働き,細胞と細胞の隙間を …
  • NAID 130000850591
  • 慢性鼻閉に対するデイサージェリー—下鼻甲介粘膜焼灼術を中心に—
  • 竹野 幸夫
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 114(2), 72-77, 2011
  • … その作用機序としては, 物理的な下鼻甲介容積の減少, 重層扁平上皮化生による抗原の上皮内への進入抑制, 鼻汁分泌の抑制, 固有層の瘢痕化による炎症細胞の集族抑制, 神経線維の変性による鼻過敏反応の抑制, などが挙げられる. …
  • NAID 130000798336

関連リンク

2012年1月4日 ... 重層扁平上皮では、細胞がお互いにがっちりと結合しあって、多くの層をつくっていること から、外部から力がかかったとき(ひっかかれたり、引っ張られたりよじれたり、など)に 非常に丈夫で壊れにくいこと、物質が通り抜けにくいことである。
多列上皮 - 細胞が基底膜上で数列に並んでいる。ただし、すべての細胞は突起をのばし て基底膜に接触している。 重層上皮 - 細胞は基底膜上で重なりあうように何列(およそ 10-30)にも並んでいる。 一つ一つの細胞の形によっても、分類される。 扁平上皮 - 細胞 ...

関連画像

重層扁平上皮で は 食道 の 重層 扁平 上皮 標準 組織学 総論 第 4 版 重層扁平上皮(弱拡大像)重層扁平上皮(強拡大)重層 扁平 上皮 強 拡大 口腔


★リンクテーブル★
国試過去問096G038」「100G032
リンク元喉頭」「声帯ヒダ」「子宮頚部
拡張検索非角化重層扁平上皮」「角化重層扁平上皮
関連記事上皮」「重層」「扁平上皮」「扁平

096G038」

  [★]

  • 消化器とその粘膜上皮の組合せで正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096G037]←[国試_096]→[096G039

100G032」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G031]←[国試_100]→[100G033

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行
  • 呼吸上皮
  • 重層扁平上皮:喉頭蓋、声帯遊離縁
  • 声帯以外の粘膜下組織中には喉頭腺が存在。喉頭室部に多い。

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




声帯ヒダ」

  [★]

vocal fold (Z)
plicavocalis
声門咽頭腔声帯 vocal cord


子宮頚部」

  [★]

uterine cervix, cervix of uterus, cervical canal of uterus, uterine neck
canalis cervicis uteri, cervix uteri
子宮頸部
子宮頚管 子宮頸管頸管 cervical canal子宮口子宮
uterocervicalcervical
[show details]


組織

  • 上皮は単層円柱上皮で覆われており粘液を分泌 (HIS.403)
  • 膣部では非角化重層扁平上皮となっている。


非角化重層扁平上皮」

  [★]

nonkeratinized stratified squamous epithlium
重層扁平上皮角化重層扁平上皮


角化重層扁平上皮」

  [★]

keratinized stratified squamous epithlium
皮膚


上皮」

  [★]

epithelium, (pl.)epithelia
上皮組織消化器系#上皮の移行呼吸器の上皮の移行


上皮の分類


重層」

  [★]

superpositionstratifypile up
層別化重ね合わせ重層化層形成

扁平上皮」

  [★]

squamous epithelium
epithelium squamosum
鱗片状上皮



扁平」

  [★]

flat
平ら




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡